ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リディンク、顔文字 ミ(/・ω・)/ を操り鬼 Ψ( `▽´)Ψ から逃げるAndroid用鬼ごっこゲーム「エモタグ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リーディングが、メールやチャットでよく利用される “顔文字” を操って鬼から逃げるという、一風変わった Android 用の鬼ごっこゲーム「エモタグ」を Google Play ストアにリリースしました。アプリ無料でプレイできますが、広告が表示されます。「エモタグ」は、画面をタップしてフィールド上に顔文字で表現された顔文字のプレイヤーをうまく操作して上下から現れる鬼「Ψ( `▽´)Ψ」から逃げ回り、コインやパワーアップアイテムをゲットをゲットしていくというカジュアルゲームです。ステージ上で集めたコインで 100 種類以上あるとされる別の顔文字と交換できます。各顔文字にはステータスが設定されているほか、「S」ボタンや「M」ボタンで一時的に能力を強化することで、ステージ上での動作がより良くなります。はじめのうちは、自キャラの操作が思うようにいかないので慣れが必要になりますが、キャラクター変更やパワーアップ要素など機能はそれなりに充実しており楽しめると思います。エモタグは Google Play ゲームに対応しているので、プレイ動画を録画することもできます。録画したゲーム実況をシェアすることも可能です。「エモタグ」(Google Play ストア)

■関連記事
Sony Mobile、国内向け「Xperia Z3 Tablet Compact Wi-Fi」のソフトウェアアップデート(「23.4.A.3.6)を開始、Stagefrightバグをほぼ完全に修正
ZTE、1月18日のイベントで「Prague S」を発表へ
LG G5はMWC 2016で発表、一体型構造のボディでバッテリーは引き出し式になっているらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP