ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「子どもがネットを辞めない…」という悩みを持つ親必見!無線機に繋ぐだけで個別に端末の通信を制限できる「iKydz」が発売へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
112

ネットサーフィンをしていて夜更かしをしてしまったり、無駄な時間を過ごしてしまっている人は多いのではないだろうか?

大人でもこういったことはあるが、子どもであればなおさらインターネットとどのように付き合うか自己管理することは難しく、のべつまくなくインターネットをしてしまう。

そういったことに頭を悩ませる親が増えているが、Wi-Fi ルーターに接続するだけで接続の制限ができる便利な機器「iKydz」が開発され、Kickstaterで出資を募っている

端末の接続設定をカンタンに管理

111

iKydzは手のひらサイズほどの小さな端末で、Wi-Fi ルーターに接続して使用。

スマートフォンに専用アプリを入れれば、家庭にある端末ごとの接続管理が行えるという優れもの。

例えば、両親が使うノートパソコンは一日中ネット接続ができる状態に設定、子どものゲーム端末のみ平日は接続ができないようにして、土日の10時から18時まで接続ができるようにするといった設定もスマートフォン1つで管理できる。

アプリを使って「Meal Time」というモードに設定すれば、すべての端末のネット接続を一時的に停止することも可能だ。

特定のサイトのブロックも可能

123

子どもにとって有害なサイトは「グローバルブラックリスト」としてiKydzの運営が日々チェックを行い更新。
特定のサイトのみをブロックすることもできるので、子どもが良くアクセスするゲームサイトをブロックするといった設定も可能だ。

この端末があれば、子どものネット接続をほぼ完ぺきに管理できそうだ。

発売時期と値段

開発チームは、両親が100%安心して子どもにインターネットをできる環境を目指しているとのこと。

iKydzの価格は、早期予約価格で1個99ユーロ(約1万2700円)で、今申し込めば2月16日までに届く予定。今後は英語圏・トルコ語圏・中国語圏のバージョンも開発予定だそうだ。
iKydz

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。