ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【感動】鎖に繋がれていた「牛」が解放され、喜びのあまり驚きの行動に・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

狭く、薄暗い牛舎で暮らす仔牛を動物保護団体が譲り受け、管理の行き届いた大きな牛舎へ。新しい環境が気に入った様子の仔牛は、踊るように飛び跳ね、駆け回る。そんな、ほのぼの動画最大の見どころが、最後の最後に待っていました。

鎖に繋がれて生きる仔牛が
開放された瞬間

写真左の仔牛(バンディット)は、狭い牛舎の中で鎖に繋がれ身動きがとれません。この状況をどうにかしたい。立ち上がったのは、オーストリアの動物保護団体「Gut Aiderbichl」のクリスチャンさん。

交渉の末、仔牛を譲り受けることとなったGut Aiderbichl。はたして、どのくらいの期間、仔牛がこの狭いゲージに繋がれていたのかは分かりません。ついに開放されたバンディットは、一度仲間の前で立ち止まり、そして別れを告げました。

新たな環境に
仔牛、大コーフン!

仔牛が向かった先は、Gut Aiderbichlが保護管理する牛舎。同団体はドイツ、オーストリアに劣悪な環境から家畜を救い、飼育するための施設を所有し、およそ500頭を超える家畜をこれまで保護してきたんだそう。

ゲージが開いた途端、仔牛は勢いよく牛舎の中へと飛び出していきました。

まるで、ダンスを踊るように飛び跳ね、駆け回るバンディット。きっと、さぞかし居心地が良いんでしょう。

ありがとう…
感謝を伝えるように
側に寄り添う仔牛

こうして、新たな環境を手にしたバンディット。この後、まさかの行動に出たのです。牛舎の中をひとしきり駆け回ると、自分を開放してくれたクリスチャンさんの元に駆け寄り、身体をすり寄せてきました。

「ありがとう…」まるで、言葉にできない感謝の気持ちを、寄り添うことで伝えようとしているみたい。クリスチャンさんの元を、なかなか離れようとしない仔牛の姿に思わず胸が熱くなります。

Licensed material used with permission by Gut Aiderbichl Verwaltung

関連記事リンク(外部サイト)

【感動】アリエルのお人形を欲しがる息子に、父親がした「ある約束」
受験生の娘のために「不器用な父親」がとった行動とは?
【感動】花嫁になる「現役教師の娘」に向けた、家族のサプライズ授業

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP