ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杏が妊娠し夏頃出産予定 マタニティー専門下着店で幸せそうに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優の杏(29才)が、待望の第一子を妊娠したという──。2015年の元日に東出昌大(27才)と入籍した杏。10月4日には東京・港区の愛宕神社で神前挙式を挙げた。

「白無垢姿の杏ちゃんは本当にきれいでした。ちょうどその頃は、ふたりとも忙しかったドラマや映画の仕事が一区切りついた時期だったんです。そのお式から2か月後ぐらいでしょうか、妊娠がわかったんです。杏ちゃんはものすごく嬉しかったようで、すぐに双方のご両親に報告したそうです。どうしても“お母さんになりたい”と、結婚してからは子づくりに奮闘してたようですから。赤ちゃんが生まれるのは、夏頃の予定だそうですよ」(杏の知人)

 さらに先月中旬、東京・新宿にあるマタニティー専門の下着店では、こんな目撃情報もあった。

「あまりにスタイルがよかったので思わず顔を見ると女優の杏さんでした。彼女はシンプルな黒のマタニティー・ショーツを購入していました。妊娠初期から産後まで使えるタイプのものです。ブラの相談もしていたようですが、マタニティー用のブラキャミソールをもう着けてるって言ってました。すごく幸せそうな笑顔が印象的でした」(居合わせた客)

 今やマタニティー下着はネット購入する女性も多く、ましてや多忙な杏ならば誰かに買ってきてもらうこともできたはず。それでも自分で店頭まで行ってマタニティー下着を選んだり、ベビーグッズを下調べしたりする姿からは抑えきれない喜びが伝わってくる。

 妊娠・出産は国民的女優といわれる杏にとって、大きな決断だった。少なからず仕事にも影響があるはず。

「とにかく杏ちゃんは何事でも全力投球のタイプです。今まで通り仕事も一生懸命やりながら、子育ても全力で頑張るはずです。東出くんは超がつくほど優しくて真面目な性格だから、夫婦ふたりで子育ても分担しながら仕事もやるのでしょうけど、多少、仕事がセーブされるのはしょうがないでしょうね」(前出・知人)

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マタニティマーク嫌がらせ 「社会の闇が深まっている」との指摘
ほしのあき 樫木裕実さんのマタニティーストレッチを実践中
マタニティマーク持つニセ妊婦 妊婦のイメージ悪くする例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP