ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カナダ・ビクトリアの魅力!観光名所&レストラン20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Koichiro Albus Victor「カナダ バンクーバー~ヴィクトリア Vancouver~Victoria 男二人自転車旅道中」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
カナダ・ブリティッシュコロンビアの州都ビクトリアの街には四季折々に美しい花が咲き乱れ、別名「ガーデンシティ」と呼ばれます。一年中暖かく過ごしやすい気候の中で、のんびりと花を育てながら生活するなんて憧れますよね。カナダの人々の中でも、そんなビクトリアは「いつか住んでみたい場所」の第1位。
今回は素敵なものが溢れる街、カナダ・ビクトリアのおすすめ観光スポットと絶品グルメを味わえるカフェ・レストランをご紹介します。

ビクトリアってどんな場所?

ヴィクトリアは、カナダのブリティッシュコロンビア州の州都。同州南西部に大陸側とはジョージア海峡などをはさんで横たわるバンクーバー島の南端部にある。
出典:ビクトリア(ブリティッシュコロンビア州)-Wikipediaより

面積:19.68km2
人口:7万4125人

Photo credit: Opus Penguin via flickr cc

<おすすめ観光スポット10選>

1. インナー・ハーバー

Photo credit: Gary Bembridge via flickr cc

ハーバーの周りには遊歩道が敷かれていて、花かごで可愛らしく飾り付けられていたり、大道芸人が芸を披露して多くの人を楽しませています。このハーバーを取り囲むようにダウンタウンが広がっているので、遊歩道をお散歩しながら街の様子を楽しむのにぴったりです。

インナー・ハーバー(Inner Harbour)
住所:Inner Harbor,Victoria

2. ブッチャート・ガーデン

Photo credit: Risa Koyanagi「ビクトリア」

「ガーデン・シティ」を代表する庭園でダウンタウンの北、約20kmのところに位置します。1年を通して、四季折々にいろいろな花やアレンジを楽しめます。20世紀初頭にセメント王と呼ばれたロバート・ブッチャー氏の妻が、自宅近くの石切り場を庭園にしたことが始まりで、現在では世界中の人々が訪れる観光スポットになりました。
園内は最も有名なサンクン(窪地)ガーデンのほかに、ローズガーデン、イタリアンガーデン、日本庭園、地中海庭園など5つのエリアに分かれています。

ブッチャート・ガーデン(The Butchart Gardens)
住所:800 Benvenuto Ave. Brentwood Bay
電話番号:(250)-652-4422
営業時間:
春(3月1〜31日)9:00〜16:00、(4月1日〜6月14日)9:00〜17:00
夏(6月15日〜9月3日)9:00〜22:00、(9月4〜15日)9:00〜21:00、(9月16〜30日)9:00〜17:00
秋(10月1〜31日)9:00〜16:00、(11月1〜30日)9:00〜15:30
冬(1月7日〜2月29日)9:00〜15:30
クリスマス期間(12月1日〜1月6日)9:00〜21:00、(12月25日)9:00〜21:00
入園料金:
<18歳以上>
(3月20日〜6月14日)CA$29.90、(6月15日〜9月30日)CA$32.10、(10月1〜31日)CA$26.85、(11月1〜30日)CA$20.80、(12月1日〜1月6日)CA$26.60、(1月7〜14日)CA$17.75、(1月15日〜3月19日)CA$23.80
<13〜17歳>
(3月20日〜6月14日)CA$14.95、(6月15日〜9月30日)CA$16.05、(10月1〜31日)CA$13.45、(11月1〜30日)CA$10.40、(12月1日〜1月6日)13.30、(1月7〜14日)CA$8.90、(1月15日〜3月19日)CA$11.90
<5〜12歳>
(3月20〜6月14日)CA$2.00、(6月15日〜9月30日)CA$3.00、(10月1〜31日)CA$2.00、(11月1〜30日)CA$2.00、(12月1日〜1月6日)CA$3.00、(1月7日〜14日)CA$2.00、(1月15日〜3月19日)CA$2.00
ホームページ:http://www.butchartgardens.com/

3. 州議事堂

Photo credit: Gary Bembridge via flickr cc

1893年から5年の歳月をかけて、ビクトリアの建築家フランシス・ラッテンベリーによって設計されました。議事堂前にはエリザベス女王の像が立ち、青銅ドームの上にはバンクーバー島を発見したジョージ・バンクーバーの像が立てられています。
議事堂は夜になると明るくライトアップされ、昼間とはまた違ったお洒落な雰囲気を味わうことができます。

州議事堂(The Parliament Building)
住所:501 Belleville St.
電話番号:(250)387-3046、(1-800)663-7867
開館時間:(月〜金)8:30〜17:00
定休日:土、日曜日
ホームページ:http://www.leg.bc.ca/

4. ガバメントストリート

Photo credit: Blake Handley via flickr cc

ビクトリアでショッピングといえば、このガバメントストリートがおすすめです。インナー・ハーバーのすぐ近くで、お洒落なブティック、可愛らしい小物屋さんなどいろいろなお店が軒を連ねています。
レストランやお菓子屋さんもあり、甘いスイーツを食べ歩きしながらストリートを散策するのも楽しそうですね! 

ガバメントストリート(Government Street)
住所:Govermment St.

5. ミニチュアワールド

Photo credit: InSapphoWeTrust via flickr cc

細かい部分までこだわって作られた人形や乗り物のミニチュア模型を、間近で見学することができる博物館です。
おとぎ話の世界やカナダの歴史をミニチュアを使って表現していて、60シーンもの場面が精巧に作り上げられています。豆粒よりも模型たちのリアルさに、感動すること間違いなしです。

ミニチュアワールド(Miniature World)
住所:649 Humboldt St,Victoria,BC,Canada V8W 1A7
電話番号:250-385-9731
営業時間:(3月16日〜5月6日)9:00〜17:00(5月7日〜9月26日)9:00〜21:00
定休日:12月25日
入場料金:大人CA$15、子どもCA$8
ホームページ:http://www.miniatureworld.com/

6. ビーコンヒル・パーク

Photo credit: Holly Lawrence via flickr cc

ダウンタウンの南側に位置するビーコンヒル・パーク。園内には高さ39mのトーテムポールが立っていたり、色鮮やかなバラが咲き乱れるバラ園があります。
市民の人々に憩いの場として愛され、読書をしたり、ひなたぼっこをしたりとのんびりと過ごす人の姿が多く見られます。ちょっと一休みしたいと思ったときにぴったりなスポットです。

ビーコンヒル・パーク(Beacon Hill Park)
住所:Victoria, British Columbia
電話番号:+1250-361-0600
ホームページ:http://www.beaconhillpark.com/index.html

7. ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

Photo credit: See page for author [Public domain] via Wikimedia Commons

ブリティッシュ・コロンビア州の歴史や原住民のインディアンについて、さまざまなことを学べる博物館です。
2階と3階が展示コーナーになっており、2階ではビクトリア周辺の森林や海について説明を聞くことができます。3階ではブリティッシュ・コロンビア州のインディアンの生活様式や部族の違いなどについて、模型を通して知ることができます。

ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館(Royal British Columbia Museum)
住所:675 Belleville St.
電話番号:(250)356-7226、(1-888)447-7977
開館時間:6月4日〜9月25日(日〜木曜日)10:00〜17:00(金、土)10:00〜22:00(9月26日〜6月3日)毎日10:00〜17:00
定休日:年中無休
入場料金:大人CA$14.29、シニア・子どもCA$9.06、学生CA$9.06
※時期によって料金が変更になる場合があります。
ホームページ:http://royalbcmuseum.bc.ca/

8. エミリー・カーの生家

Photo credit: Mattlapointe [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

1863年に建てられたこちらの美しい邸宅は、カナダを代表する芸術家、エミリー・カーの生まれた家で、現在は彼女のことを深く知ることのできる博物館になっています。
フランスや英国へ留学していた頃の様子やエミリー・カーの作品に多大な影響を与えたアラスカの風景、カナダ先住民のアートに触れることもできます。

エミリー・カーの生家(Emily Carr House)
住所:207 Government St., Victoria
電話番号:(250)-383-5843
開館時間:11:00〜16:00
定休日:日曜日、月曜日(10月〜4月は休業)
入場料:大人CA$6.75、子どもCA$4.50、シニアCA$5.75
ホームページ:https://www.emilycarr.com/

9. クレイダーロック城

Photo credit: Reed Probus via flickr cc

まるでお城のような可愛らしい外観のこの豪邸は、石炭と鉄道で成功を収めた人物、ロバート・ダンズミュアによって1890年に建てられました。豪華な調度品の数々、窓にはめ込まれたステンドグラスなどから当時の上流階級の人々の暮らしを感じることができます。

クレイダーロック城(Craigdarroch Castle)
住所:1050 Joan Crescent Victoria, BC
電話番号:(250)-592-5323、(250)-592-1099
開館時間:9:00〜19:00、(9月上旬〜6月中旬)10:00〜16:30
定休日:1月1日、12月25日、12月26日
入場料金:大人CA$13.75、シニアCA$12.75、子どもCA$5

10. マーケット・スクエア

Photo credit: Joe Mabel via flickr cc

19世紀末期、ゴールドラッシュで賑わいを見せていた頃に作られた倉庫街が再開発され、現在はショッピングモールになっています。チャイナタウンやダウンタウンにも近く、約30店舗以上が入っているのでウィンドーショッピングするのにぴったりです。休日にはイベントが催されたり、パフォーマーが芸を披露しています。

マーケット・スクエア(Market Square)
住所:560 Johnson Street,Victoria,British Columbia,V8W 3C6 Canada
電話番号:(250)-386-2441、(250)-386-2440
営業時間:10:00〜17:00、(日、祝日)11:00〜16:00※各店舗により異なる
定休日:各店舗により異なる

<おすすめカフェ・レストラン10選>

1. カフェ・ブリオ

淡い黄色の壁に植物がたくさん植えられた可愛らしい外観のレストランです。店内には、地元アーティストの手で描かれた絵が飾られ、落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめます。地元のオーガニックな野菜や旬の食材を使うなど、素材にも強いこだわりを感じることができます。シェフ手作りのサラミは絶品です。

カフェ・ブリオ(Cafe Brio)
住所:944 Fort St.
電話番号:(250)-383-0009
営業時間:17:30〜21:00
定休日:年中無休
ホームページ:http://www.cafe-brio.com/

2. ギャツビー・マンション

Photo credit: Lara604 via flickr cc

こちらのカフェ・レストランは1800年代に建てられたビクトリア様式の建物を利用しており、外観や店内の調度品がとても豪華です。その時代の雰囲気を感じながら優雅に食事をすることができるので、ちょっぴり贅沢な時間を過ごしたいときにおすすめです。
14:00〜16:00の間には、アフタヌーンティーも楽しめます。

ギャツビー・マンション(Gatsby Mansion)
住所:309 Belleville St.
電話番号:(250)-388-9191
営業時間:7:00〜23:00
定休日:年中無休
ホームページ:http://huntingdonmanor.com/gatsby-mansion/

3. フェアモント・エンプレス

Photo credit: Wilson Hui via flickr cc

1908年創業のこちらのホテルは、エリザベス2世をはじめとする各界の著名人が訪れ、そんな彼らが愛したのが、由緒正しきアフタヌーンティーです。豪華絢爛でありながら、落ち着いた雰囲気があるホテルのロビーでは一流シェフが丹精込めて作ったスコーンやサンドイッチ、ミニケーキなどを味わうことができます。

フェアモント・エンプレス(The Fairmont Empress)
住所:721 Government St.
電話番号:(250)-389-2727
営業時間:11:30〜17:00 ※要予約
定休日:年中無休
ホームページ:http://www.fairmont.jp/empress-victoria/

4. ポイント・エリス・ハウス

Photo credit: David Abercrombie via flickr cc

19世紀半ばに建てられたビクトリア様式の邸宅を使用したカフェです。こちらの庭園の美しさはカナダでも有名で、美しい草花に囲まれてお茶の時間を過ごせます。昔の衣装を着込んだスタッフがお茶を運んでくれるコースもあり、タイムスリップした気持ちを味わえます。

ポイント・エリス・ハウス(Point Ellice House)
住所:2616 Pleasant St.
電話番号:(250)-380-6506
営業時間:(5〜9月)11:00〜16:00
定休日:10月〜4月
ホームページ:http://www.pointellicehouse.ca/

5. サムズ・デリ&ビストロ

ビクトリアのデリといえば、サムズデリ! といわれるほどの名物で、夏の食事時には店の外にまで行列ができる人気ぶりです。1972年にオープンしてから、地元の新鮮な食材にこだわり続けています。ボリュームたっぷりなので、数種類を注文して、お友達とシェアして食べるのもいいですね。

サムズ・デリ(Sam’s Deli & Bistro)
住所:805 Government St.
電話番号:(250)-382-8424
営業時間:(月〜金)7:00〜20:00(土)8:00〜20:00(日)8:30〜20:30
定休日:年中無休

6. ブルー・フォックス・カフェ

人気のカフェでは必ずといっていいほど名前が挙がるカフェテリアです。煉瓦の壁にはアートが飾られ、大きな窓からは太陽の光がたっぷり差し込む店内は、とても明るくお洒落な雰囲気です。
人気のモーニングセットは、なんと終日オーダーできるので、お寝坊してしまっても安心です。オムレツやベーコン、ソーセージなど素朴なメニューですが、味は絶品です! 

ブルー・フォックス・カフェ(The Blue Fox Cafe)
住所:101-919 Fort St.
電話番号:(250)-380-1683
営業時間:(月〜金)7:30〜16:00(土、日)8:00〜15:00
定休日:年中無休

7. ソリスティスカフェ

ほうれん草やトマトなど野菜たっぷりのメニューが大人気のカフェで、料理に使われている素材はすべてオーガニックというこだわりがあります。手作りのベーグルに野菜を挟んだメニューが特に人気で、お値段もお手頃なので軽く食事をしたいときにおすすめです。

ソリスティスカフェ(Solstice Café)
住所:529 Pandora Ave.
電話番号:(250)-475-0477
営業時間:(月、火)7:30〜17:30(水〜金)7:30〜21:00(土)9:00〜17:00(日)11:00〜16:00
定休日:年中無休

8. ビーナス・ソフィア

可愛らしくお洒落なインテリアに囲まれた空間で、アフタヌーンティーが楽しめるお店です。香ばしく焼き上げられたスコーンには甘さ控えめのクロテッドクリームやジャムが添えられ、その味はまさに絶品です。
ゴージャスな3段のプレートには甘さ控えめのスイーツや地元でとれたオーガニック野菜のサンドイッチがたっぷり並べられます。紅茶の葉も30種類と豊富で、選んだ茶葉は自分でチョイスしたティーポットで味わえます。

ビーナス・ソフィア(Venus Sophia)
住所:540 Fisgard Street, Chinatown, Victoria BC
電話番号:(250)-590-3953
営業時間:(月)11:00〜17:00(火〜日)10:00〜17:30(12月24日)10:00〜15:00(12月31日)10:00〜15:00
定休日:12月25日、1月1日
ホームページ:http://www.venussophia.com/

9. スピネカーズ・パブ

Photo credit: Heather Harvey via flickr cc

カナダで初めて地ビール醸造所に併設されたパブ。常に11種類の地ビールが用意されていて、いろいろな味を試しながら、自分に合った味を探すことができます。フィッシュ&チップスなど新鮮な魚介類を使って手作りしたおつまみはビールにぴったりです。
B&B(朝食付き宿泊)形式のゲストハウスも予約をすれば宿泊できるので、ビールをたっぷり飲んでも安心です。

スピネカーズ・パブ(Spinnakers Brewpub)
住所:308 Catherine Street Victoria, BC V9A 3S8
電話番号:250-386-2739
営業時間:8:00~23:00

10. ハビット

香ばしい香りが店いっぱいに漂う、コーヒー通からの人気が高いカフェです。1916年製のビンテージの焙煎機を使用するなど、見えないところにもこだわりが詰まっています。レンガ造りの壁がとてもモダンな雰囲気で、開放感のある広い空間は居心地最高です。

ハビット(Habit)
住所:552Pandora Avenue,Victoria BC
電話番号:250-294-1127
営業時間:(月〜金)7:00〜18:00(土)8:00〜18:00(日)8:00〜18:00
ホームページ:http://habitcoffee.com/locations/

<お洒落な街を堪能!ビクトリアの旅行記>

「娘の留学先ビクトリアで家族集合~ひとりバンクーバー移動」Shohei Watanabeさん

Photo credit: Shohei Watanabe「娘の留学先ビクトリアで家族集合~ひとりバンクーバー移動」

ビクトリアの自然や街並みをたっぷりと紹介しているログブックです。ビーコンヒル・パークでカモと戯れ、自然の中をのんびりとお散歩している様子に癒されます。街の中に立つお洒落な教会を見つけたり、レンタカーで湖まで遠出をしたりといろいろなスポットをたくさんの写真と一緒に見ることができます。
美味しそうな食事を楽しんでいる写真も載っていて、盛りだくさんの内容になっています。ビクトリアへの旅行を考え中の方、必見です!

おわりに

ガーデンシティと呼ばれる街、ビクトリアのおすすめ観光スポットと絶品レストランをご紹介しました。街並みもとっても可愛くて、まるで物語に飛び込んだような気持ちになれそうです。博物館などで、歴史に浸ってみるのもいいですね。
ぜひ、次回の旅はカナダ・ビクトリアで愛らしい花に囲まれて過ごしてみてはいかがでしょうか。

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Koichiro Albus Victor「カナダ バンクーバー~ヴィクトリア Vancouver~Victoria 男二人自転車旅道中」

関連旅行記

*Sakura「VICTORIA ちょこっと Vancouver」
*Risa Koyanagi「ビクトリア」
*Yumi Nakamura「遊び心と熱いハートでこの世界を見た【BC州都ビクトリア】」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP