ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アラフィフ男性の「人生の後悔」 トップ2を「離婚したこと」「結婚しなかったこと」が占める

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アラフィフ男性の「人生の後悔」 トップ2を「離婚したこと」「結婚しなかったこと」が占める

1月10日の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(朝日放送)で、イマドキのアラフィフ男性のリアルな本音が紹介されていた。大阪の街中や飲み屋で100人の男性にインタビューし、「自慢できること」「今、一番欲しいもの」「人生の後悔」について調査した。

その結果、軽い衝撃を受けたのが「人生の後悔」の調査結果だ。上位を独占したのが1位「離婚したこと」(18人)、2位「結婚しなかったこと」(17人)と、アラフィフ男性の孤独が浮き彫りになる結果となった。(文:みゆくらけん)
「もうちょっといいのおるかな」で見送り続けて失敗

100人に調査して18人が「離婚したこと」と答えたあたり、離婚率の高さと後悔の度合いが計り知れて、思わずブルッときてしまう。オトコというのは仕事が人生のメイン柱で、不動の地位にあるものだと思っていたので、上位にくるのは「職種の選択」など仕事に関することだと勝手にイメージしていたが、古い考えだったようだ。

5年前に「奥様が去って行った」という52歳の独身男性は「もうちょっと自分に正直になったらよかった。嫌いじゃないのに『嫌い』とか言うてもうたから」と反省していた。別の47歳の独身男性は「昔付き合ってた人と結婚しなかったこと」を後悔していると話す。

「ちょっとタイミングを崩して、最後はケンカ別れ。お酒を飲んだら思い出したりする」

10年前、4年前と2回も結婚のチャンスがありながらも「もうちょっといいのおるかな」と結婚しなかったという41歳の男性は、遠い目でこう語った。

「行っとけばよかったな、と。いまごろ子ども2人ぐらいいる予定なんですけど。幼稚園の運動会で一緒に走ってるイメージやったんですけど」

やはり人生において「孤独感」は、年齢が高くなるにつれて重くのしかかるものなのかもしれない。奥さんが欲しい欲しいと言いながらも、いまだ独身の岡村隆史はこの結果を受け、「やっぱ、そうなんのかぁ。リアルな結果ですよ」と、ため息をついた。
自慢できることの1位は仕事「まだ若い連中には負けない」

産休中のなるみに代わり、岡村とMCを務めた出川哲郎は、過去に絶世の美女(女優ら)に求愛されてきたのに、それに応えなかった岡村に対し「あの頃に受け入れてたら、別の人生になっていた。それも(結婚の)タイミングだと思う」とコメント。岡村もしみじみとこう語った。

「確かにそれは後悔しています。めちゃめちゃ後悔。でもそういう人にウツツ抜かすと、運を吸い取られたらアカン思って、頑なに行かなかった。それを今、ものすごい後悔してる。……抱きたい!」

なお、アラフィフ男性の「自慢できること」の1位は「仕事」。よかった。なんだかほっとした。「まだ若い連中には売り上げでは負けない」(40歳・物流関係)、「20代30代のヘアメイクの人らには負けてませんよ」(40代・理容師)など豪語の連発で大変頼もしい。

4割もの人が「仕事」と答えたのに次いで、2位以下は「家族」「人脈の広さ」「人生経験」と続いた。出川自身も「自慢できること」は仕事だと言い、芸のために首の骨以外は全部折ってきたというが、「ケガして笑ってくれるなんて。なんて素敵な職業なんだ」と感激しているのだという。強い漢(オトコ)だ。
今、一番欲しいものは、やっぱり「金」だけれど

ちなみに岡村は「運」なのだとか。運だけじゃ今の地位にはいないだろうに、謙虚である。この2人のコメントからしても、やはり「デキるオトコ」は偉ぶらない。

また、「今、一番欲しいもの」の1位は「金」(23人)。次いで「時間」(17人)。他には「嫁はんからのほんまの愛情」(44歳・会社員)、「仕事の技術」(40歳・飲食業)、平成世代との共通の話題がないと嘆く40代の会社員からは「コミュニケーションスキル」との声も。

しかし離婚や未婚を後悔している人に絞って調査をすれば、今、一番欲しいものは金以上に、やはり「家族」ということになるのかもしれない。

あわせてよみたい:マツコがアラサー未婚女性に「高望みして夢破れるなんて!」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。