ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pantechが再スタートを発表、IoT・ウェアラブルデバイス市場にも参入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014 年の夏以降、韓国市場で新機種を発売していない Pantech が 12 日に現地で今年の経営方針説明会を開催し、法定管理手続き後の再スタートを発表したそうです。また、今後は IoT 機器やウェアラブルデバイスも出すことも発表しました。Pantech については、2014 年 8 月に法定管理(会社更生作業)を申請したことで、事実上、倒産状態でしたが、昨年 11 月下旬に法定管理の手続きを終えて復帰しています。Pantech は今後取り組む事業を国内向けのスマートフォンだけでなく、新興市場向けのスマートフォン、IoT デバイス、ウェアラブルデバイスとして、2018 年までに 1 兆 5000 億ウォンの売上高、5% の利益率を目指し、経営の正常化に取り組むとしています。海外進出については、現地の企業とジョイントベンチャーを設立し事業を展開していくとのことです。まずはインドネシアでこれを行うとしています。Source : 毎日経済

■関連記事
楽天、中古品の査定・売却が手軽で行えるAndroidアプリ「楽天買取」をリリース
Gogole NowランチャーがNexus 5で横向き表示に対応
Vuzix、Android 6.0を搭載したスマートグラス新モデル「M300」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP