ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【東海居住者が選ぶ人気温泉地8位】名古屋からバスで1時間!美肌の湯・昼神温泉【長野】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
旅館「桂月」

泉質が良く温泉好きの間で人気の長野県・昼神温泉。実は名古屋からも高速バスで1時間弱でアクセスでき、気軽に足を運べる場所だって知っていました?

南信州の山間に湧くこの昼神温泉はpH9.7の良質な泉質で、浸かってよし、飲んでよしと評判。自慢の源泉水を使ったオリジナルコスメも要チェックです!

今回は「じゃらん人気温泉地ランキング2016」で東海地方の在住者が「もう一度行ってみたい温泉地」として第8位にランクインした昼神温泉の魅力をご紹介します。

昼神温泉

南信州の魅力あふれる温泉、昼神温泉

昼神温泉山間にあるのどかな環境

東海居住者から近いようで意外にアクセスしづらいように思える長野県。でも、この南信州にある昼神温泉は名古屋駅から高速バスに乗ってしまえば、1時間弱で着いてしまうのでちょっとうたた寝していればすぐ!

友達や家族とおしゃべりをしながら、これから始まる温泉旅行に期待を弾ませるのも良いですよね。この昼神温泉は長野県の阿智村にあり、周りを山に囲まれているため、ゆったりとした環境が魅力。おいしい空気、川のせせらぎ、五感も満足する、心地よい場所で、非日常を味わいましょう。

都会の喧騒に疲れている方も、ここに来れば、気持ちをゆったりとリラックスできるはず。景観を守るためもあり、ネオン街などはまったくないため、旅館に泊まり、素朴な田舎のご馳走を堪能するのが昼神温泉の最高の楽しみ方です。

良質な泉質が人気の秘密

肝心の温泉はpH9.7の良質な泉質が人気を集めており、浸かるのはもちろん、飲んでも効能があると評判です。また温泉を使った自慢のオリジナルコスメもあり、美肌を目指す方ならぜひチェックしていただきたいアイテム。お土産にも喜ばれるはずです。

昼神温泉は、とろんとした独特のお湯が特徴で、湯上り後もしっとりとした肌触りがしばらく続きます。まさに美肌温泉といえるでしょう。数日滞在できるのであれば、何度も足を運びたくなる泉質です。旅館「桂月」旅館「桂月」の温泉

温泉街には足湯もあります。足が疲れたらちょっと腰かけて足を温泉で癒すのも良いですね。ぬるっとした泉質の湯は女性も男性も気に入ること間違いなしの泉質です。是非試してみましょう。昼神温泉 足湯温泉街には足湯も

名物の朝市には必ず訪れたい

温泉だけでなく、この場所の素朴な人たち、地元の新鮮な野菜も魅力。朝にはぜひ名物の朝市に出かけて、それを体感してみてください。朝市は毎日開催されており、3月までは6時30分から8時まで買い物を楽しめます。

朝市では地元の人たちとの会話もぜひ楽しみましょう。普段の生活ではなかなか味わえない極上の時間。時間がゆっくりと過ぎ行く、心地よい感覚を楽しめるはずです。

昼神温泉 朝市 朝市では地元の人との会話も楽しみ

昼神温泉 朝市 阿智川のほとりで毎日開催されている朝市

春には花桃が咲き乱れ絶景!

花桃 昼神温泉4月中旬~5月中旬にかけて約5000本の花桃が開花

4月中旬から5月中旬にかけて約5000本の花桃が開花します。鮮やかに咲き乱れる桃色の花たちの演舞を楽しむため、この時期には大勢の人たちがこの場所に集まり、のどかな田舎町は一変してにぎやかな観光地の様相を呈するようになります。 昼神温泉

泉質/アルカリ性単純硫黄泉

TEL/0265-43-3001(昼神温泉ガイドセンター)

アクセス/車:中央道園原ICより10分

電車:JR飯田駅より路線バスで30分

「昼神温泉」の詳細はこちら

まとめ

名古屋から意外と近い昼神温泉。週末にぷらっと出かけてみるのもありですよ。

※ランキングの集計方法

●調査時期:2015年8月18日~ 2015年8月26日

●調査対象:『じゃらんnet』会員または『じゃらんnet』予約者

●調査方法:インターネット上でのアンケートを実施

●有効回収数:12,062人(うち、東海エリア居住者は1327人)

●対象温泉:計331の温泉地を選択肢として設定(うち、東海エリアの対象温泉地として、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県、石川県、富山県、福井県の計84の温泉地を設定)

●質問内容:「もう一度行ってみたい温泉地」と「その理由」

※この記事は2016年1月時点での情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

九州の道の駅で限定誕生!海鮮or肉を贅沢に使った「福分けランチ」!料金は2016円♪
7つの外湯を浴衣姿と下駄でめぐれます♪ディープな城崎温泉をご紹介!
ぜ~んぶ0円!見て触れて楽しむ!大分のファミリー向けおすすめスポット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。