ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニック・カーター×Nissy(西島隆弘)、80’sの名曲「変わらぬ想い」をデュエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バックストリート・ボーイズのニック・カーターとAAAのNissy(西島隆弘)が、80’sの名曲「変わらぬ想い(Nothing’s Gonna Change My Love For You)」をデュエットした。この楽曲は、2月10日に急きょ日本発売されることになったニック・カーターのユニバーサルミュージック移籍第1弾ソロ・アルバム「オール・アメリカン」に収録。ニックのプロモーション来日もアルバム発売週に決定した。

ニック・カーター、Nissy(西島隆弘)共演は、今回の日本盤のリリースに合わせて、大の親日家でもあるニックから、自分たちと同じ日本のソング&ダンスのアーティストと共演したいというリクエストがあったことがきっかけとなった。日本側のスタッフがニックと協議するなかで、AAAのNissyこと西島とのコラボレーションの話が浮上。西島もバックストリート・ボーイズのファンであったことから、両者の共演が実現。今回のデュエット曲は西島が選曲して、ニックも快諾して実現にいたった。

アルバム「オール・アメリカン」は、ニック・カーターの実に5年ぶりの通算3枚目にあたるソロ・アルバム。アメリカ人のニックが、同じアメリカ人のソングライター、スタッフと組んで完成させた、等身大の自分自身を初めて投影させることができたと語る意欲作。独特のポップ感覚に、ニック独自のロック感覚を絶妙にブレンドした、爽やかなアメリカン・ポップスが満載された作品となっている。アヴリル・ラヴィーンとのコラボレーションによる「ゲット・オーヴァー・ミー」をはじめ、ロックとポップスを絶妙にブレンドした独特のフレッシュなサウンドが詰まっている。全世界に先駆けて日本で先行発売される。

Nissy(西島隆弘)コメント
世界中誰もが知る、僕にとっては青春ど真ん中のバックストリート・ボーイズ。
そのメンバーのニックのアルバムに参加させていただいたことをとても嬉しく思っております。
心を込めて歌いましたので沢山の方に聴いていただければ幸いです。

ニック・カーター コメント
こんにちはジャパン!バックストリート・ボーイズのニック・カーターです。
ニュー・アルバム『オール・アメリカン』に日本盤にスペシャルな曲が収録されます。
僕も大好きな曲の1つでよく幼い時に歌ったりラジオで聞いたりしていました。その曲は「Nothing’s Gonna Change My Love For You」(変わらぬ想い)です。
美しいラブソングで素晴らしい出来になったと思っています。そして、この曲にはスペシャルなゲストが参加してくれました。Nissyです!Nissyの大ファンでもあるのでとても興奮しています。
是非、皆に早く聞いてほしいです。そして、皆でカラオケで歌いましょう!

「ナインティーン・イン・ナインティナイン」ミュージック・ビデオ(short ver.)

リリース情報
アルバム「オール・アメリカン」
2016年2月10日(水)発売

限定盤 UICY-77687 3,500円(税込)※ボーナスDVD収録

通常盤 UICY-15482 2,700円(税込)

収録内容
・CD
1. ナインティーン・イン・ナインティナイン
2. ゲット・オーヴァー・ミー Featuringアヴリル・ラヴィーン
3. カリフォルニア
4. セカンド・ウィンド
5. スウェット
6. チェリー・パイ
7. ティファナ
8. オール・アメリカン
9. マン・オン・ザ・ムーン
10. ホロスコープ
11. アイ・ウィル・ウェイト
12. レフト・フォー・デッド
13. オーヴァー・マイ・ヘッド
14. 変わらぬ想い Duet with Nissy(西島隆弘)※日本盤スペシャル・ボーナス・トラック
・ボーナスDVD(限定盤のみ)
1. 「アイ・ウィル・ウェイト」(ミュージック・ビデオ)
2. 「ナインティーン・イン・ナインティナイン」(ミュージック・ビデオ / Japan Version)
3. 「オール・アメリカン」制作舞台裏ドキュメンタリー

関連リンク

■ユニバーサルミュージック ニック・カーターhttp://www.universal-music.co.jp/nick-carter/
■UNIVERSAL MUSIC STORE ニック・カーターhttp://store.universal-music.co.jp/artist/nick-carter/
■Nissyオフィシャルサイトhttp://avex.jp/nissy/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP