ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラオスに行くならここでしょ!ラオス徹底観光ガイドベスト15

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Seishiro Takahashi「Luang Prabang」

TRiPORTライターのさとりんです。
ニューヨーク・タイムズでは「世界で一番行きたい国」で第1位に選ばれたラオス。
周りには中国、タイ、ベトナムなどのアジアを代表する大国がありますが、ラオスは大きさ的には日本の本州ほどの小さな国ではあるものの、周りの大国に負けないぐらい個性的で、はかり知ることができないほどの魅力を秘めた国なんです。
今回は、そんなラオスの素敵な観光スポットを15カ所ご紹介したいと思います。

ラオスの概要

正式名称:ラオス人民民主共和国(Lao People’s Democratic Republic)
首都:ビエンチャン(Vientiane)
面積:約24万km2(日本の本州ぐらい)
人口:約651万人

Photo credit: TUBS [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

<ラオスのおすすめ観光スポットベスト15>

1. ルアンパバーンの町

Photo credit: Yukiko Aono「世界遺産ルアンパパーンを巡るラオス6日間の旅」

1995年に世界文化遺産に登録された古都ルアンパバーンは、東南アジアで最も美しい街のひとつとされています。日本でいうと京都のような街。
メコン川とカーン川の合流点にあります。メコン川沿いには60以上の寺院があり、ルアンパバーン様式で作られた赤い屋根の寺院が、フランス統治下に建てられた建物と隣接して立ち並んでいたりと、全体的にとても美しい街です。また、仏教色が色濃く残るこの街では、僧侶たちが街を歩いている姿を見ることができます。

バンビエンから重い腰をあげて向かうは世界遺産の街ルアンパパーン。
植民地時代の建物がいい感じの街並を作り出していて、世界遺産って言われて納得。
出典 「世界遺産ルアンパパーンを巡るラオス6日間の旅」Yukiko Aonoさん│Compathy(コンパシー)

ルアンパバーン/Luang Prabang
住所:Luang Prabang,ラオス
アクセス:
<飛行機>
ビエンチャン、バンコク、ハノイ、チェンマイ、シェムリアップから発着便がでています。
<バス>
ビエンチャン、バンビエン、ルアンナムター、フアイサーイ、ポーンサワンムアンサイから定期便がでています。

2. プーシーの丘

Photo credit: Yukiko Aono「世界遺産ルアンパパーンを巡るラオス6日間の旅」

ルアンパバーンのメインストリート(サッカリン通り)にある約150mの小さな丘です。
プーシーの丘とは「仙人の山」という意味で、昔、2人の仙人が神に導かれて、この山にやってきて、ルアンパバーンの街を作ったという伝説からこの名がついたそうです。
階段で山頂まで登ると、ルアンパバーンを360度見渡すことができます。おすすめは夕方です。遠くの山に夕日が沈んでいき、赤く染まったルアンパバーンの景色は一見の価値ありですよ。

暑い時期だったので水分補給は必須ですね。
しかし登りきると絶景が待ってました。
市内とメコン川とナムカーン川が望めます。夕日がきれいとの事もう一度行きたいですね。
出典 “320段を登るとそこには絶景が”プーシーの丘の口コミ-トリップアドバイザー

プーシーの丘/Mount Phou si
住所:Luang Prabang,ラオス
営業時間:6:00~18:00
料金:20,000kip
アクセス:ルアンプラバーン王宮博物館前から、徒歩約20分。

3. パークウー洞窟

Photo credit: MAHO「Laos( Luang Prabang編)」

メコン川とウー川の合流点にあるパークウー洞窟は、絶壁にある洞窟です。「タムティン洞窟」と「タムプン洞窟」があり、タムティン洞窟には、約4,000体もの仏像が安置されています。
昔から現在に至るまで、ラオスの人々にとって神聖な場所として親しまれています。
パークウー洞窟までは観光船で行きますが、その途中にあるサンハイ村に立ち寄るのがおすすめ。この村は、地酒「ラオ・ラーオ」や壺造りで有名なので、試飲やお土産屋さん巡りなどを楽しむことができますよ。

小さな船で川を渡り、洞窟へ行きます。洞窟は、下の洞窟と、そこから階段を15分ほどあがった上の洞窟があります。下もすばらしいですが、是非、頑張って上の洞窟まで行ってください。このようなところになぜ?と思わず、感動です。
出典 「上の洞窟へ是非、行ってみてください。」パクオウ(パークウー)洞窟のクチコミ-フォートラベル

パークウー洞窟/PAK OU CAVES(Ban Pak-Ou)
住所:Louangphabang,ラオス
営業時間:8:00〜17:00
料金:入場料20,000kip(別途乗り物代)
アクセス:
ルアンパバーンの専用の船着き場から約25キロメートルで、約2時間。
定期便は8:00に1便のみ。
トゥクトゥクだと、ボートよりか早く行くことができますが、利用は少ないです。

4. クアンシーの滝

Photo credit: Basil Strahm via flickr cc

ルアンパバーンで人気の観光スポットのひとつになっているクアンシーの滝は、メコン川の支流にもなっている、3層からなる滝です。
神秘的なエメラルドグリーンの滝つぼがとても美しく、大自然の中にあり、滝のしぶきでたっぷりのマイナスイオンを浴びれば癒されること間違いなし。この滝で泳ぐこともできるので、忘れずに水着を持って行きましょうね。
ゲートを入ってすぐのところには、ツキノワグマの保護センターがあり、ツキノワグマを見ることができます。周辺にはレストランやお土産屋さんが並んでいて便利です。

ラオスの人たちに人気というのもよくわかる、綺麗で楽しい滝です。エメラルドグリーンの水が本当にきれいで、一方メインの滝の迫力もかなりのもの。
出典 “暑いラオス、滝壺で泳いでみてはいかが?”クアンシー滝の口コミ-トリップアドバイザー

クアンシーの滝/Kuang Si Falls
住所:Outside Luang Prabang 27km, Luang Prabang,ラオス
営業時間:9:00~18:00
料金:20,000kip
アクセス:ルアンパバーン市内からトゥクトゥクで約1時間。

5. タート・ルアン

Photo credit: Kohta Horike「Vientiane trip ビエンチャン」

ラオス最大の仏塔で国の紋章にも描かれている、ラオスを代表する寺院です。
定かではありませんが、ブッダの遺骨が仏塔に収められているとも言われています。北の寺院のワットタートルアンヌアはラオス仏教界最高位の僧侶の住まいになっています。1828年にシャムに攻められ、損傷しましたが、1936年に改修され、今に至っています。
観光客は中に入ることがでないので、外観のみしか見ることができません。しかし11月に行われるタート・ルアン祭りでは、仏教行事が1週間ほど開催されるので、約30万人もの人が世界中から訪れます。
広場には屋台が並び、タート・ルアンのライトアップが行われ、僧侶たちが托鉢する様子を見ることができます。

実際行ってみると”おー”と思います。
中心の仏塔はかなり大きく、澄んだ青空とのコントラストが絶妙です。公園内の周りの建物にもお釈迦様が教えを説いたりしているような絵が天井に描かれているなど、こういうのに興味がある方にとっては見応えがあるのではないかと思います。
繁華街からは少し遠いですが、一度は行った方が良いと思います。
出典 “青空と金色のコントラストが案外綺麗”タート・ルアンの口コミ-トリップアドバイザー

タート・ルアン/Great Sacred Stupa(Pha That Luang)
住所:Ban Nongbone, Vientiane,ラオス
営業時間:8:00~12:00、13:00~16:00
料金:5,000kip
アクセス:
<トゥクトゥク>中心部から約15〜20分。
<レンタサイクル>中心部から約30分。
※頑張れば徒歩でも可。

6. ワット・シーサケット

Photo credit: damien_farrell via flickr cc

ワット・シーサケットは、1551年にセーターティラート王によって建てられたもので、ビエンチャン最古の仏教寺院です。
ラオスの歴史的建造物の多くは内戦や戦争により破壊されてしまいましたが、ワット・シーサケットは当時のままの形を残している貴重な建造物となっています。
この寺院は、大きな屋根が特徴のルアンパバーン様式と、ビエンチャン様式で作られており、本堂を取り囲むようにして幅の広い縁側があるのが特徴になっています。
本堂には2,052体、回廊には3,420体もの仏像が安置されています。仏像が並ぶ姿は壮観です。また、回廊の仏像には小さな穴の中に2体ずつ仏像が置かれていて、その姿がどことなくかわいらしいです。
館内は撮影禁止なので、しっかりと目に刻みましょう。

後ろに2体ずつあるのは、寂しがり屋だからだそう。
シャム侵略時に破壊された多くの仏像を見た後だったのもあり、寄り添うようにいる姿にやすらかな気持ちになった。
出典 「Laos (Vientiane編)」MAHOさん-│Compathy(コンパシー)

ワット・シーサケット/Wat Sisaket
住所:Ave Lane Xang, Vientiane,ラオス
営業時間:8:00~12:00、13:00~16:00(昼の1時間は入場不可)
定休日:年中無休
電話番号:+856 20 56 777 272
料金:5,000kip
アクセス:ナンブ広場からセーターティラート通りを東に約300m。

7. ワット・シエントーン

Photo credit: shankar s. via flickr cc

ワット・シエントーンは、ラオス北部のルアンパバーンにある仏教寺院で、1560年にラーンサーン王朝時代にセーターティラート王によって建てられました。
地面ぎりぎりまで長く伸びた独特の大きな屋根が特徴の、ルアンパバーン様式で作られ、ラオスの寺院の中で最も美しい寺院と言われています。
境内には、シーサーワンウォン王の葬儀に使用された霊柩車が納められ、王家にまつわる数々の骨壺がこの寺院に安置されています。
見どころは、本堂の裏側にあるタイルで作られた「生命の樹」のレリーフ。とても素晴らしいのでおすすめです。

ラオスの仏像さんはどれもおっとりした顔が多くて気に入っています。
キラキラ光るタイルでできたモザイク壁画がとても素敵です。西日が当たるとキラキラするように設計しているところがあるので、次は夕日が沈む時間帯に行ってみたいと思いました。
出典 “朝ののんびりした雰囲気が素敵。でも夕方も素敵そう。”ワット・シェントーンの口コミ-トリップアドバイザー

ワット・シエントーン/Golden City Temple(Wat Xieng Thong)
住所:Khem Khong, Luang Prabang,ラオス
営業時間:8:00~17:00
料金:20,000kip

8. アヌサーワリー・パトゥーサイ

Photo credit: MAHO「Laos (Vientiane編)」

フランスのパリにある凱旋門をモデルに作られたラオスの凱旋門(しかしこの建物自体はラオス様式で作られています)。1562年から始まった内戦が終結したことと、パテート・ラーオの勝利を祝して建てられました。
門の周辺には噴水があり、地元の人達の憩いの場となっています。また、門の上には展望台があるので、是非、階段を上って行ってみて下さい。ビエンチャンの景色を見渡すことができますよ。

ビエンチャンの街並みを一望出来るスポットでもあり、遠くの山なども見えます。風にあたりながらラオスの空気感を満喫できると思います。
出典 「ビエンチャン定番スポット。」バトゥーサイのクチコミ-フォートラベル

バトゥーサイ/Patousay(Patouxai)
住所:Lane Xang Ave, Vientiane,ラオス
営業時間:8:00~17:30
定休日:なし
料金:5,000kip
アクセス:ビエンチャン中心部から歩いて、約15分。

9. ワットホーパケオ

Photo credit: MAHO「Laos (Vientiane編)」

1560年に、ルアンパバーンからビエンチャンに都を移す時に、ラーンサーン王国の守護仏であるエメラルド仏を安置するために建てられた寺院です。しかし、エメラルド仏がタイに奪われてしまい、現在は、ラオスの歴史的遺物が展示されている博物館になっています。

再建とはいえ、趣のある建物ですので一見の価値はあると思います。ビエンチャンの市街地にあるので訪問もしやすいです。
出典 「エメラルド仏が昔祭られていた。」ワットホーパケオのクチコミ-フォートラベル

ワットホーパケオ/ Wat Ho Phakeo (Wat Ho Phra Keo)
住所:Rue Setthathirath, Vientiane,ラオス
営業時間:8:00~12:00、13:00~16:00
定休日:なし
料金:5,000kip
アクセス:セータティラート通り。(ワットシーサケットからセーターティラート通りを挟んですぐ)
※本堂内は撮影禁止

10. メコン川

Photo credit: Misaki Iguchi「初一人旅!~ラオス・タイ~」

東南アジアを流れる河川。全長4,350㎞。源流はチベット高原で、そこから次第に水かさを増しながら、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムを通って南シナ海に抜けていきます。
ラオスのメコン川は、原生林の中を約1,900㎞に渡って流れています。
ラオスに来たなら一度は訪れたいメコン川ですが、おすすめの時間帯はサンセット。必見です。

今回この街にやって来た一番の目的は、ここメコン川からの美しいサンセットを観賞すること。1日しかいられなかったけれど、本当は1ヶ月くらいここで毎日サンセットを見届けたい。それくらいに素晴らしい眺めです。
出典「ビエンチャンのマストスポット」メコン川のクチコミ-フォートラベル

メコン川/Mekong River(Song Cuu Long)
住所:By the Mekong River, Vientiane,ラオス

11. ワット・プー

Photo credit: Adam Jones Adam63 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

10世紀頃に進出してきたクメール人によってラオス南部に築かれたワット・プーの遺跡群。2001年には世界文化遺産にも登録されました。
クメール人たちはヒンドゥー教を信仰していいたため、遺跡からは、ヒンドゥー教をもとに作られたものを多く見ることができます。
元々は城として建てられたワット・プーですが、のちに、タイのラーオ族に占拠されるに至って、この城が神聖視されたことによって、寺院として位置づけられるようになりました。

世界遺産に登録されているとのことですが、残念ながら建物はだいぶ傷んでいます。しかし、入口からパライ(大きな聖池)、参道、宮殿、本殿を見てみるとかつての王国がどんなものであったか偲ばれます。
出典 “夢の址”ワット プー寺院の口コミ-トリップアドバイザー

ワット・プー/Vat Phou Temple
住所:Champasak,ラオス
営業時間:8:00〜18:00
料金:50000kip
アクセス:パクセー市街から南に行き、「ラオ日本大橋」を越えて約50km。それからトゥクトゥクや車をチャーターして約1時間。

12. ラオス国立博物館

Photo credit: joaquin uy via flickr cc

もともとは、ランサン王朝がラオスのほぼ全域を支配していた時、王宮だった場所です。現在は博物館となっています(旧革命博物館)。
1階にはラオスのジャール高原で発掘された土器や石器を展示していて、2階ではフランス植民地から社会主義革命に関する詳しい展示があります。他にも日本の援助により修復や装飾された玉座や謁見室、仏教の教えが描かれた居室、王などの衣装、各国からの国王への贈り物などが展示されています。
内部は写真撮影禁止で、入館する際には服装のチェックもされるので、ノースリーブや短パンでは行かないようにしましょう。

ラオスの歴史と地理についてまとめてあるため、基礎知識を付ける意味で最初に訪れることをお勧めします。
博物館から歩いて行ける所に旅行客向けのレストランやカフェ、ゲストハウスなどが集中しているエリアがあり、訪問も比較的しやすいと思います。
出典 「素朴な博物館、ラオスの歴史と地理について学べます。」国立博物館のクチコミ-フォートラベル

ラオス国立博物館/Lao National Museum
住所:Haw kham, Luang Prabang,ラオス
営業時間:8:00~12:00、13:00~16:00
定休日:なし
料金:10,000kip
アクセス:ナンプ地区中心部のサームセンタイ通り沿い。

13. タートニュアンの滝

Photo credit: Aleksey Gnilenkov via flickr cc

ラオスで一番人気がある観光スポット、タートニュアンの滝。タートニュアンの滝の落差は約40mほどですが、水量が多いため、日が差すと虹が架かり、とても美しい光景をみることができます。
滝の下には展望台があり、そこでおもいっきりマイナスイオンをあびることができます。
芝生の上でピクニックしたり、滝壺で泳いだりとのんびりとした時間を過ごしてみては? 

滝の下に展望台があるので、そこまで歩いて降りると、展望台でも水しぶきを感じられて気持ちよかったです。滝壺では泳ぐことも出来るらしいです。
滝の上は芝生があったりと、ラオス人には憩いのピクニックエリアになっていました。食べ物や飲み物を持って行って、ピクニックも楽しいと思います。のんびりするには最適な場所だと思います。
出典 「ピクニックにぴったりの滝」タート ニュアンの滝のクチコミ-フォートラベル

タートニュアンの滝/Tad Yuang Waterfall
住所:Pakse,ラオス
アクセス:パクセーのタラート・ダオハンバスターミナルからパークソン行きのソンテウに乗車。(約40㎞)

14. ワットマイ モナステリー

Photo credit: Allie Caulfield [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

ワットマイは、王宮跡の隣に建つルアンパバーンの街の中で最も大きく、きらびやかな雰囲気を漂わせている寺院です。正式名称は「ワット・マイ・スワナ・プーン・ラーム」。
1796年にアヌルタック王によって建てられました。完成するまでには50年もの年月がかかったと言われています。
本堂の屋根は5重になっていて、伝統的なルアンパバーン様式になっています。また、壁には仏教の輪廻や『ラーマーヤナ』が描かれた黄金のレリーフがあります。

ルアンパバーン様式の五重の屋根は、数ある寺院の中で最も美しいです。
有名なラーマーヤナをモチーフにした壁画は、豪華で緻密な作りに圧倒されます。
寺院の内部に入るには10,000Kipですが、中には黄金の仏像が鎮座しています。
街の中心部にあるので、必見の寺院です。
出典 “屋根と壁画は随一”ワットマイ モナステリーの口コミ-トリップアドバイザー

ワットマイ モナステリー/Wat Mai Suwannapumaram
住所:Luang Prabang,ラオス
営業時間:8:00~17:00
料金:10,000kip
アクセス:シーサワンウォン通り、国立博物館の隣

15. ブッダパーク

Photo credit: Gusjer via flickr cc

ビエンチャンの郊外にあるブッダパークは、いろんなポーズをしたたくさんのブッダ達が点在しているパークです。
しかし厳かで神聖な雰囲気ではなく、ユニークなブッダ達ばかりで気楽に楽しむことができます。子連れの方にもおすすめのスポットです。

正直笑えます。(笑) 楽しいポーズをとった石像がたくさん陳列されています。
ビエンチャンで最高の観光スポットだと思います。
出典 “ビエンチャンで一番ナイスなスポット”ブッダパークの口コミ-トリップアドバイザー

ブッダパーク/Buddha Park(Wat Xieng Khouane)
住所:Thanon Tha Deua, Vientiane, Laos
電話番号:+856 21 212 248
営業時間:7:00~18:00
料金:5,000kip
アクセス:タラートサオのバスターミナルから14番のバスで友好橋まで行く。そこからミニバスに乗り換えて約20分。

<ラオス旅行記>

1. 「Laos( Luang Prabang編)」MAHOさん

Photo credit: MAHO「Laos( Luang Prabang編)」

ルアンパバーンに観光に行こうと思っている人には是非、読んでもらいたいのがこちらのログブック。ルアンパバーンへ旅行に行くと決めた理由も「雑誌をめくっていて、ふと目にとまった写真がルアンパバーンの写真だったから」という、なんとも旅人らしい理由。
彼女のルアンパバーンとの運命的な出会いはいったいどんなものだったのでしょうか。
動物(食用もあり)の写真が多いのも特徴的です。一読の価値、ありますよ。

2. 「ラオス、ルアンパバーン ~国家資格、象使いになるまでの道のり~」柿澤健太郎さん

Photo credit: 柿澤健太郎「ラオス、ルアンパバーン ~国家資格、象使いになるまでの道のり~」

なんと、ラオスで象使いになるまでの旅行記を書いた彼のブログ。ラオスでは象使いは国家資格であることにも驚きましたが、わたしのような一般人でも象使いの資格を取ることができることに驚きました。どのようにして象使いになったかを書いてくれています。
わたしと同じように象好きにはたまらない旅行記です。象たちの写真にも癒されます。

3. 「初一人旅!~ラオス・タイ~」Misaki Iguchiさん

Photo credit: Misaki Iguchi「初一人旅!~ラオス・タイ~」

生まれてはじめて一人で海外旅行に出かけた彼女。その旅行先がラオスとタイでした。
自由気ままに過ごした10日間。女子一人旅初心者でも十分に楽しんだラオス、タイ観光になったようです。
彼女のようにラオスやタイへの女子旅や一人旅の参考にしていただきたい旅行記です。

4. 「Vientiane trip ビエンチャン」Kohta Horikeさん

Photo credit: Kohta Horike「Vientiane trip ビエンチャン」

写真がきれいで、その着眼点やアングルが見ていて楽しい彼の旅行記。観光スポットだけでなく、グルメもたくさん紹介してくれています。ラオスの魅力が伝わってくる旅行記です。

5. 「ラオスの空は果てしなく広い」Yusuke Konさん

Photo credit: Yusuke Kon「ラオスの空は果てしなく広い」

街の人の姿や様子をたくさん紹介してくれているのが、彼のブログ。
移動中の車内や、街の人の様子。屋台の様子、グルメなどを紹介してくれています。ラオスの街の雰囲気が知りたいならこの旅行記がおすすめかも。

おわりに

ラオスのことを「世界一不思議な国」だと言った人がいます。
メコン川が流れ、緑が多く、抜けた空。人々には穏やかな時間が流れていてのんびりとした印象を与えるラオス。その一方、どこか力強さを感じさせるラオスは、とても神秘的で一言では伝えられない魅力を持っています。
不思議な世界、ラオス。あなたも訪れてみませんか?

ライター: Satoko Sumitomo
Photo by: Seishiro Takahashi「Luang Prabang」

関連旅行記

*MAHOさん「Laos (Vientiane編)」
*柿澤健太郎さん「ラオス、ルアンパバーン ~国家資格、象使いになるまでの道のり~」
*Yukiko Aonoさん「世界遺産ルアンパパーンを巡るラオス6日間の旅」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP