ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウイルスバスターの契約更新料金の振込みで障害発生「深くお詫び申し上げます」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ウイルス対策ソフト『ウイルスバスター』の契約更新料金の振込みで障害発生が発生し、発売元のトレンドマイクロが「深くお詫び申し上げます」と謝罪し、その障害内容を公式サイトで報告しています。

『ウイルスバスター』のすべてのサービスを継続して使用するには契約を更新する必要があるのだが、口座振込みによる入金で契約更新をしようとしても、処理が正常に完了しない障害が発生したいとそうです。利用者のなかには、この現象に身に覚えがある人もいるのではないでしょうか?

トレンドマイクロは『ウイルスバスターの契約更新料金の振込みができない障害について』というタイトルで公式サイトに詳細を掲載しており、「ウイルスバスターの契約更新を口座振込みにて実施いただくと、処理が正常に完了しない障害が発生しておりました」、「お手数ではございますが、再度請求書の発送依頼をしてください。ご不明な点などございましたら弊社サポートセンターまでお問い合わせください」とコメントしています。

この障害の原因は「ご案内させていただいた口座情報に誤りがございました。8/1以降のご案内分は正しい情報となっております」とのこと。現在は問題なく手続きできるようなので安心ですね。

画像: ウイルスバスターの契約更新料金の振込みができない障害について

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

ガジェ通ゴールドラッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。