体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レキシ、映画的ツアー「IKEMAX THEATER」全公演が大盛況で幕

レキシ、映画的ツアー「IKEMAX THEATER」全公演が大盛況で幕

昨年12月1日の札幌・Zepp Sapporo公演を皮切りにスタートしたレキシのワンマンツアー「IKEAMAX THEATER」の千秋楽公演が、1月11日沖縄・ミュージックタウン音市場で開催され、北は札幌から南は沖縄まで、全国11都市11公演にわたったツアーは大盛況で幕となった。

今回のツアー「IKEMAX THEATER」は、そのツアータイトル通りに映画をテーマにして組み上げられ、映画館に来ているような感覚でライブを楽しんでもらおうというレキシならではのライブコンセプトとなり、随所に遊び心満載の演出が散りばめられたライブとなった。

レキシ初の沖縄ワンマン公演ともなったこの日の千秋楽は、定刻の18時30分に開演。いつもであれば、ホラ貝の音色で舞台の幕開けを告げるが、今回のツアーでは、ステージ上のスクリーンに突如映し出される映画予告編映像からスタート。この予告編映像は、映画館での本編の上映前に流される予告映像のオマージュで、このツアーのためにレキシはもちろん今回のツアーメンバー全員が自ら役者として出演して制作されたオリジナル映像。健介さん格さん(G/奥田健介 from NONA REEVES)、伊藤に行くならヒロブミ(Dr/伊藤大地)、御恩と奉公と正人(B/鈴木正人 from LITTLE CREATURES)、レキシ初参加の貝塚太郎(P&Cho/磯貝サイモン)、TAKE島流し(武嶋聡)、ほっぺた犯科帳(類家心平)といった手練れのバンドメンバーがさまざまコスプレをして役に扮する映像に会場はいきなり爆笑に包まれた。

予告編の後には、実際の映画館で流れる“撮影・録音禁止”の注意を促す映像を「STOP “稲穂”泥棒」に変えたパロディー映像も流れ、まさしく映画館での本編スタート前になぞらえたオリジナル映像が10分程度流れ、いよいよスクリーンに本編の開始を告げる”20th FOX”風の映像が流れると会場から歓声があがるやステージに紫の袴姿のレキシとバンドメンバーが登場。

今回のツアーはライブのコンセプト上、札幌、沖縄以外はすべて座席ありのホール公演となっていたが、この日はツアー初のスタンディング公演となり、満員御礼のスタンディング公演ならではの熱気に包まれていた。開口一番「ついにファイナルだよー!やっぱスタンディングのライブハウスはいいねー」とMCし、1曲目「姫君Shake!」でライブ本編がスタート。軽快なロックナンバーにのせて会場全体がシェイクするなか、途中から映画「プリティー・ウーマン」のネタがブッコまれていくなど通常通り1曲10分を超えて無事終了。

続く2曲目「真田記念日」では、オーディエンスとのクイズからコール&レスポンスに繋がり、最終的には映画『ロッキー』まで到達し、時計はすでに19:00を回りかけていた。「今日は通常の倍くらいしゃべったりしているから、今から悪い予感しかしない。4時間くらいになるぞ、これは。時間長すぎて出禁になるかもだけど、それもみんなと一緒なら楽しい。今日は楽しんで帰ってください」とコメントすると拍手が巻き起こるなか、今回のツアーから初参戦となるPiano&Choの貝塚太郎(磯貝サイモン)がいるステージ右側に移動。ツアー序盤では、レキシにトークでいじられる場面が多かったが、この日は貝塚太郎が「みなさん、昨日スーパーに行ったらこんな曲が流れてました」と、いきなり沖縄の地元スーパーのCMソングを披露したところ会場全体で大合唱が起こり、レキシに一矢報いた一幕もあるなか、3曲目「キャッチミー岡っ引きさん」を披露。

続いて、「まだ踊り足りないでしょー」と、ディスコ&ファンキーな4曲目「ペリーダンシング」に突入。頭上に輝くミラーボールと御恩と奉公と正人のファンキーベースで会場が一気にディスコティックな雰囲気に彩れられるなか、映画「サタデーナイトフィーバー」、映画『フラッシュダンス』のディスコ映画ネタをブッコミつつ、そのままファンクロック全開な4曲目「salt&stone」へ。この曲では「ジンギスカン」の流れから映画『ゴッドファーザー』のテーマ〜伊藤大地の超絶ドラムソロと目まぐるしく展開し、会場は絶好調の盛り上がりに。

続いては、昨年11月25日にリリースした1stシングル「SHIKIBU」を披露。シングルのキービジュアルとなった十二単をステージ上で纏い、オーディエンスと一体感溢れるパフォーマンスを繰り広げ、6曲目「憲法セブンティーン」ではゆったりとしたグルーブとホーンセクションの掛け合いを響かせた。続いては、今回のツアーならではの企画である「弾き語りリクエストコーナー」。このコーナーは、会場の観客からレキシのリクエスト曲を聞いて、その場でレキシがピアノ弾き語りで歌うといった企画。これまでツアー各会場でさまざまな曲がリクエストされ、披露されたが、この日は「この中で今日が誕生日の人いますかー」とレキシが会場に呼びかけ、幸運にも誕生日だった2名程とその場の声の大きい人のリクエストが通り、「Let’s忍者」、ピアノバージョンのエモーショナルな「Takeda’&Takeda’ 2」「妹子なぅ」「古墳へGO!」「LOVE 弁慶」、そして会場全体を静寂に包みこんだ「アケチノキモチ」を披露。それぞれ1コーラス程の即興演奏だったが、普段なかなか聞くことのできないSSWとしての魅了に溢れた弾き語りに会場は酔いしれた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。