ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、スマートフォンから部屋の家電を操作できるシーリングライト「マルチファンクションライト」を2016年度上半期に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 1 月 13 日、スマートフォンから部屋の天井照明を介してテレビやエアコンなどを操作できるようにした「マルチファンクションライト」を開発したと発表しました。「マルチファンクションライト」は、部屋の天井に取り付けるシーリングライトとコントロールユニットがセットになった製品で、既存の天井照明用ソケットにコントロールユニットを取り付けると、スマートフォンと Wi-Fi で連携可能になり、アプリから屋内の家電をリモコン操作できるようになります。天井照明は部屋全体を障壁なく見渡せるので、赤外線の信号が部屋中まんべんなく届き、通信の観点からも安定性が高いと見られます。また、マルチファンクションライトには 5W のフルレンジスピーカーやマイクも搭載しているので、部屋内のスピーカーやインターホンとも連携可能。コントロールユニットの Micro SD カードに楽曲を転送すると単体でも音楽の再生ができます。Sony は「マルチファンクションライト」を 2016 年度の上半期中に発売できるよう開発していると述べています。価格は公開されていません。Source : Sony

■関連記事
サンワサプライ、スマートフォンをお風呂テレビに変える防水対応のポータブルステレオスピーカー「400-SP061」を発売
Facebook MentionsのAndroid版がついにリリース
LG、2月21日にMWC 2016のプレスカンファレンスを開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP