体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

広報担当者に聞く! au 2016年春モデルは、どんな人にオススメ?

先日発表されたauの2016年春モデルには、スマートフォンからフィーチャーフォンまで、機能や装いを新たにした4機種がラインナップ。それぞれの特徴について、auの広報担当・堀内優里に聞いた。

ユーザー像や利用シーンを見据えた4つのタイプをラインナップ

――まず、今季モデル全般に通じる傾向はありますか?

「auの最近の傾向としては、利用していただく方を具体的にイメージした商品をご提供している点が挙げられます。たとえば昨年末に発表した『DIGNO rafre』は、家事や育児に取り組むママに向けた、世界初のハンドソープで洗えるスマートフォン。年代や性別といった属性だけではなく、”あなたに届けたい”という想いを明確にしています」

――新しく発表された4機種は、それぞれどんな方に使っていただくことを想定されているんでしょう? 機種ごとの特徴とあわせてお聞かせください。

Qua phone(KYOCERA/2月上旬発売予定)

Qua Tab 02(HUAWEI/2月中旬発売)

~2台持ちで真価を発揮! コスパに秀でたスマホ&タブレットの入門モデル~

――auオリジナルのQuaシリーズからは、スマートフォンとタブレットが出ていますね。

「Quaシリーズはauオリジナルプロダクトブランドのベーシックライン。auが企画した商品だから”安心”、auの各種サービスが使いやすくて”心地いい”、今までより”ちょっと未来”を感じられ、より便利で楽しい生活になるように。そんな思いが込められたブランドです。

『Qua phone』は、Quaシリーズ初のスマートフォン。基本機能がしっかりと押さえてありながら、お求めやすい価格帯になっています。スペックがいいものを選びたいけれど、同時に価格も抑えたい。安くていいものを賢く選び、スマホをバリバリと使いこなしている若手のビジネスパーソンに使っていただくことを想定しています。

ボディの薄さはわずか7.9mm。スーツの胸ポケットに入れても気にならないくらいスリムなんですが、発色が美しい金属素材を採用しているのに加えて、安心の防水・防塵・耐衝撃性を備えています。通話時の音質面でも、高音質の『au VoLTE』と、音と振動で相手の声を伝える『スマートソニックレシーバー』を搭載。騒がしい場所でも相手の声をはっきりと聞き取ることができます」

――価格帯も手頃ということで、スマホとタブレットの2台持ちにもよさそうです。

「そうなんです。同じく今季に発売される『Qua Tab 02』とは、壁紙やホーム画面のアプリなどを統一し、端末を持ち替えても違和感なく操作できるようになっています。また、『auシェアリンク』という機能を搭載していて、スマホの画面をタブレット上に表示して操作することができるんです。たとえば電車のなかでタブレットを使って動画を観ているとき、スマホにLINEやメールの着信があったら、わざわざスマホを取り出さなくても通知を確認できるので便利です。

auシェアリンクは、今回4G LTEケータイ(ガラホ)にも対応しました。タブレットとガラホの2台持ちの方にも、ますます便利にお使いいただけますね」

――「Qua Tab 02」は、昨年の夏に発売された「Qua Tab 01」の後継モデルですよね。この機種のポイントは?

「一番の特徴は、高画質と高音質にこだわっていること。10.1インチの高精細ディスプレイは広い角度からコンテンツの画質を最大限に楽しむことができ、映像コンテンツの見やすさを追求しています。また、端末の両サイドにステレオスピーカーを装備し、HUAWEI社が独自に開発したサラウンドシステムを搭載。音が左右から回り込んでくるような聴き心地が得られるんです。動画やゲームなどのコンテンツを堪能できるようにつくられています。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。