ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年は南南東!“ハイブリッド”から“変わり種”まで、恵方巻のトレンドをチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

節分にその年の恵方を向いて食べると、縁起が良いとされる恵方巻。

元々は関西の風習でしたが、今では立春のイベントとして定着しつつあり、多くの人が楽しんでいるようです。

そんな恵方巻は年を追う毎にバリエーションが増え、最近は「こんなのもアリ!?」的な太巻きもちらほら。

1月20日(水)~2月3日(水)まで、大丸東京店 地階ほっぺタウンの惣菜・弁当売場には、そんなユニークな恵方巻から王道スタイルまで、総勢120種の恵方巻が集結します。

なかでも注目は、“今年のトレンド”と噂の“ハイブリッド恵方巻”

左右で異なる食材を使用することによって、1本でダブルのおいしさが楽しめるそうです。

米沢牛のステーキとすき焼きを1本で食べ比べできる、味の梅ばち「米沢牛ハイブリッド巻き」(2/1~2/3のみ)や、2種類のかにを一本で食べ比べできる、札幌かに家「タラバとズワイのハーフ&ハーフ」(2/3のみ)が登場。

また毎年人気の“豪華恵方巻シリーズ”では、1本8640円(!)の「豪華伊勢海老丸ごと1本巻」や、海苔の代わりにズワイガニの脚を使った「一本勝負かに巻き」も売り切れ必至なのでお早めに!

このほか、あの人気選手にあやかった「五郎巻」「スイーツ恵方巻」まで、眺めているだけでも楽しいので、今年の恵方巻ハンティングは大丸東京店へ出掛けてみてはいかが?

大丸東京店
http://www.daimaru.co.jp/tokyo/index.html

フード(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP