ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

台湾GIGABYTE、デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応Androidスマートフォン「GSmart G1310」、「GSmart G1315」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

台湾GIGABYTEは7月29日、同社GSmartブランドのスマートフォン新機種「となるGSmart G1310」、「GSmart G1315」を発表しました。どちらもAndroid 2.2(Foroyo)を搭載し、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応した端末。Qualcomm 528MHz CPU、256MBのRAM、512MBのROM、背面に500万画素のCMOSカメラ(オートフォーカス対応)を搭載し、Wi-Fi b/g、Bluetooth 2.1+EDR、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/2100MHz)対応するといったところは共通。スペック的にはローエンド。G1310(上図)は3.2インチ(解像度480×320、HVGA)サイズのタッチスクリーン、G1315(下図)は3.5インチ(解像度480×320ピクセル、HVGA)のタッチスクリーンを搭載しています。発売時期は7月末以降となっています。

Source : GIGABYTEG1310)、(G1315


(juggly.cn)記事関連リンク
SkyDrive上のMP3ファイルを再生できるアプリ「SkyAmp for Android」
メールを指定した時刻に自動送信しリマインダとして活用できるアプリ「送信予約メール」
富士通のAndroidスマートフォン「F-12C」が本日発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。