ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭のいい人が絶対にしない「質問の仕方」3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問の内容、仕方、タイミングがいかに重要で、そこにビジネスマンとしての資質が表れると、「Inc.com」に持論を展開しています。

最初に紹介するのは「間違った質問」の解釈。心当たりがある人、要注意です。

01.
自分を正当化するため
誘導尋問をしてしまう

質問する側が、自分の中に確信めいたものがあるとき、それを誰かに肯定して欲しいという思いが芽生えます。彼らの質問は、得てして自分本位で、相手に特定の答えを求めるような誘導尋問になりがち。たとえば、こんな感じに。

①「その案件だけど、一体いつまで抱えているつもり?」

②これ以上、まだプログラムが完成するのを待つ必要がある?

③Joeくんを罰する正当な理由が誰にあるっていうんだい?

これらの質問には、どれも「そうだ」と決めてかかる答えが先に用意されているように思えるはずです。
あなたは間違いなく案件を手放す方が正しいと思っているし()、完成を待ちたくないし()、Joeくんの功績は褒められるに値する()。
心のなかでは既に答えは出ているのです。でも、少数派は違う意見。あなたが知るべきは、まさにそれ。

では、どう相手にたずねるのがベストなのか?以下と見比べてみましょう。

①その案件を実現するのに、何を真っ先にすべきか分かる?

②まだプログラミングが完璧じゃないそうだね、どうしたらいいと思う?

③Joeくんの立場だったとしたら、どうするのが最善策だったんだろう?

いかがでしょう?それぞれの質問が、客観的であり直接的。そして、どの質問にも答えを含まず、さらに相手に答えの選択肢を委ねている。そこがポイントなのです。

02.
「YES」か「NO」か、
二者択一の質問をする

質問のクオリティー自体に問題がある場合もあります。常に良いか悪いか、YESかNOか。どんな時でも選択肢を2つに限定してしまうのは、正しい質問とは言えません。 同僚やチームのメンバーにそれを求めようとしていませんか?私の工場で、実際に起きた製品トラブルを元にしたケースです。

「これまで作り上げた製品をすべて破棄して、イチから作り直していくべきかでしょうか?それとも、このままいったん出荷してしまい、クレームの来たお客様だけ真摯に対応すべきでしょうか?」

ほとんどの人が2つのうち、どちらか1つを選ぶはずです。けれど、ベストな回答はもっと他にあるはず。これが、より良い回答。

「注文の一部に欠損が見つかってしまった。どうするのが最善策でしょうか?」

「全部破棄する」よう指示する上司もいるだろうし、まずは出荷し「後は仕方ない」と諦める意見もあるでしょう。つまり、答えの幅、選択肢が広がる質問をしなければいけないのです。

質問の答えを限定しないことは、結果的に最善策を導き出すカギが隠されているはずです。私たちは、以下の答えを導き出すことができました。

「商品に重大な欠陥が発見されたんだから、まずはスタッフ全員で倉庫の商品を再チェックする必要がある。次に顧客への影響を最小限に抑えること。既に出荷してしまった商品の回収に全力を傾けよう」

二者択一の質問は、相手に選ばせているだけで、結局は誘導的で限定的な質問に偏りがち。選択肢を共有せず、ただ問題を述べているだけに過ぎません。だったら、「あなたならどう思う?」「あなたならどうする?」「どうやって一緒に打開して行こうか?」それを相手にたずねるべきなのです。そして、静かに彼らの言葉に耳を傾けましょう。決して、答えを急かしたりしないこと。

03.
立場上、素直に聞けず
分かったフリをする

あなたが指導的立場にいる場合、立場上、どんな質問にも答えられなければいけない。そう意識してしまいますよね。自分が理解していないことを質問されるのは、大きなプレッシャーでもあります。
でも、心配無用。「相手に説明を求める」ように、逆に質問をすれば、何も難しいことはありません。まずは、相手の理解度を求めた上で。

「すごいね、関心したよ。じゃあ、今度はボクを新人スタッフだと思って、どうやってその仕事内容を教えるか実演できるかい?」

「キミの理解力は見事。逆に自分が何も知らないこともよく分かった。もう一度説明してくれるかい?」

きっと、これがベストアンサー。

「正直に言うと、ボクはキミの言っていることがきちんと理解できているか、半信半疑なんだ。でも、本当に理解したいと思っているんだよね」

何より、“知ったかぶり”をする必要がないのがこれらの質問。回答してくれる人たちの時間をちょっともらうだけ。でも、相手も悪い気はしないはず。これがコミュニケーションです。

どうです?では、今度はどうやって相手にいい質問をしていくべきか、その対策を見ていきましょう。

対策:その1
一度の相談で、
質問は1つに絞る

問題や論点の詳細を相手に説明するのはいいのですが、質問の数には気をつけるべきです。「生産性の上げ方?」「品質向上の秘訣?」「自分の立場ならどうする?」…。一度にあれもこれもと、まくし立てるような質問攻め。これでは相手を不快にさせるだけ。質問はひとつに絞ること。

対策:その2
もう、誰かに聞くしかない!
質問はその時だけ

次に覚えておかなければいけないのは、得てしてそれが唯一の選択肢ということは、まずないということ。誰かの意見を求める時は、まず、自分の中で十分にその問題と向き合っているかどうか、自問自答しましょう。人に聞く前に、まだまだ自分がやるべきことはあるはず。

対策:その3
絶対に相手の話を
途中で遮ったりしない

質問に応じる相手の言葉の最中に、自分で答えが分かってしまったとします。だとしても、それは最後まで胸の内にしまっておくこと。常に相手からの回答を、真摯に受け止めましょう。

対策:その4
同じ目線、同じ立場を意識

相手を急かしたり、限定的な質問の形式をとったり、自分の立ち位置がブレてくるような質問の仕方はいけません。常に相手と目線を同じに、同じ立場で。

対策:その5
できるだけ手短に話す

もう既に分かっているはずです。素晴らしい質問とは、他の誰かが答えを見つけ出せるもののこと。質問の趣旨がどこにあるか分からなくなるような、話し方は厳禁。とにかく簡潔、端的に話すこと。

これらを心がけてみてください。正しい聞き方で誰かに質問した時に、あなたが得る価値の大きさは測りきれないものがあるはずです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden

関連記事リンク(外部サイト)

生意気な後輩に対する、10の対処法と接し方
「ボス」と「リーダー」の違いをイラストで表現してみたら・・・
直観力を鍛えるための5つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP