ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ママ友ネットワークでのお試しがおススメ!!育児必須アイテム☆抱っこひも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

赤ちゃんがまだ小さいうちは、どこに行くのもパパやママの腕で抱っこすれば十分。

しかし、赤ちゃんが成長し、体重が5キロを超えてくると、長時間の抱っこは苦痛でしかありません。

筋肉痛の連続と、徐々に太くなっていく二の腕が悩みのたねでした。

そこで私は急遽、安くてコンパクトになる、肩ひもで背負うタイプの抱っこひもを買ってきました。

しばらくは、腕が楽になって良かった…と思いながら使っていました。

しかし外出が増えてきたころから、今度は肩が痛くて頭痛がするようになってしまいました。

どんな抱っこひもなら肩や腰に負担が少なく使用できるのか、私は複数のママ友に相談しました。

話を聞くと、やはり腰バンド付のおんぶ可能な抱っこひもでなければ、長時間抱っこや移動には耐えられないとのことでした。

すると、腰バンド付抱っこひもで有名なエルゴとアップリカを複数持っているママ友が、使っていなかったアップリカを貸してくれたのです。

二週間ほど使わせてもらっている間に、エルゴとアップリカについて調べると、以下のことがわかりました。

・エルゴは外国製で、全体的に作りが大きく、その分耐荷重も大きい。小さ目の赤ちゃんには不向き。

・アップリカは国産で、エルゴに比べてスッキリしていて、少しだけ耐荷重が小さい。

そしてお試しを終了し、「ウチの子は体格が小さめだし買うならアップリカかな」と思っていた時、他のママ友がアップリカが出している、グレコを教えてくれたのです。

調べると、グレコはアップリカの廉価版と言う感じでした。

デザインはほぼ一緒で、耐荷重も十分。

しかも薄手で、夏の暑さ対策としてもバッチリ。

さらには、そのママ友が3歳になるお兄ちゃんをグレコでおんぶしていたのです。

長く使えてお値段も安く、シンプルなデザインが私の理想にぴったりでした。

さっそく夫に相談し、量販店が5%offの日(←ここポイントです)に二つ目の抱っこひもを買いに行きました。

デザインが一番かわいく、二人目の予定もあったのでインサート付のグレコをゲット!

今では外出の際だけでなく、家の中でも必需品です。

娘は、グレコ=抱っこしてもらえると理解していて、私がグレコを着けるとニコニコして寄ってきます。

百貨店などの大きなお店によっては、抱っこひものお試しをさせてくれるそうですが、私がおすすめするのはやっぱりママ友ネットワーク。

お店でのお試しは時間が短いですし、実際に使っている人の意見と長時間の実体験に勝るものはありません。

抱っこひもを購入する際は、ご自分の赤ちゃんの体格やご予算に合わせて、必ず「試して選ぶ」を実践してほしいです。

著者:ecco

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳2か月

北の大地で、優しい夫とふわふわの猫と小さな娘と、三人と一匹で幸せに暮らしています。元ディスプレイデザイナーで、現在は主婦です。趣味は手芸やイラスト、漫画も大好きです。子供を通じて知り合ったママ友がみんな素敵な方で、毎日楽しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初の遠出!初の飛行機!1歳のお誕生日旅行記♪
【初節句】人形選びはサイズ選びにご用心!?家に到着したときの意外な大きさにびっくり!
里帰り出産で期限ギリギリ! 少し焦った出生届提出 ~名付け、手続きは早め早めが吉~

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP