ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー、米シングル・チャートでアデルから首位奪取

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 計8週および7週連続で2位だったジャスティン・ビーバーの「ソーリー」が、1月23日付の米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”にて、10週にわたり首位をキープしていたアデルの「ハロー」から1位を奪取したことが明らかになった。「ハロー」が1位に初登場した11月14日付チャートにて、「ソーリー」は2位に初登場していた。

 ビーバーが“Hot 100”で1位を獲るのはこれで2度目だ。2009年7月から46回のチャートインを経た6年後、2015年9月19日付の同チャートにて「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」(今週8位)で初めて1位を獲得。「ソーリー」は2曲目のNo.1シングルとなった。

 ニールセン・ミュージックによると、「ソーリー」は米国での2,000万回再生により“Streaming Songs”チャートで4回目の1位を獲得。サブスクリプション・サービスをベースにした“On-Demand Songs”チャートでも850万回再生で8週目の1位となっている。また、“Radio Songs”チャートでは2位に、“Digital Songs”チャートでは2位から3位へダウンした。

 なお、ビーバーは再び、“Hot 100”のトップ10に「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」、「ソーリー」、「ラヴ・ユアセルフ」(今週3位)の3曲をアルバム『パーパス』から送り込んだことになる。同アルバムは12月5日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位(自身6つ目のNo.1アルバム)となり、今週のチャートでは2位をキープ。発売から8週間で130万枚を売り上げている。

 ビーバーが1位となった一方、アデルの「ハロー」は2位へダウンした。ただし、“Radio Songs”チャートでは依然、9週目の1位となっている。また、アルバム『25』からの2ndシングルとなる「ホウェン・ウィ・ワー・ヤング」が今週、“Hot 100”で47位から41位へ上昇した。同アルバムはこれまでに760万枚を売り上げ、“Billboard 200”で7週目の1位となっている。

 2人の他、“Hot 100”のトップ5には、ドレイクの「Hotline Bling」が4位に、トゥエンティ・ワン・パイロッツの「ストレスド・アウト」が9位から5位へ上昇し、自身初のトップ5ヒットとなっている。

 また、トップ10はセレーナ・ゴメスの「セイム・オールド・ラヴ」が6位、ショーン・メンデスの「スティッチ―ス」が7位、アレッシア・カーラ(Alessia Cara)のデビュー曲「Here」が9位、メーガン・トレイナーの「ライク・アイム・ゴナ・ルーズ・ユー feat. ジョン・レジェンド」が10位となった。

関連記事リンク(外部サイト)

シカゴ大阪公演のライブレポート&ライブ写真が到着
テイラー、マルーン5、ケンドリック!2015年最強の洋楽ヒット曲集『2016 GRAMMY ノミニーズ』が1月29日発売決定
デヴィッド・ボウイ オフィシャルSNSで死亡と報じられる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。