ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】年末年始リリースの新譜AL売上げ動向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月11日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、福山雅治のデビュー25周年記念ベストアルバム『福の音』が2週連続で1位を獲得した。今回は、12月28日~1月3日の年末年始がの集計期間となっており、新譜のリリースが少なくロングヒットタイトルが上位に多く入った。

 では、上記集計期間の間にリリースされたアルバムのみでチャートを作るとどうなるのか。SoundScan JapanのセールスデータからTOP5を制作すると下記のようになった。
1:SHINee『D×D×D』
2:中森明菜『FIXER』
3:AK-69『HALL TOUR 2015 FOR THE THRONE FINAL-COMPLETE EDITION-』
4:『やはりこのキャラソンはまちがっている。続』
5:『蒼穹のファフナー EXODUS +Character Song Album+』
 1位は、元日にリリースされた韓国のボーイズグループ、SHINeeの4枚目のアルバム『D×D×D』。新譜タイトルの中では断トツの数字を上げている。2位には、中森明菜の約6年ぶりとなるオリジナルアルバム『FIXER』が入った。ヒップホップ・アーティスト、AK-69のホールツアー音源を収録した『HALL TOUR 2015 FOR THE THRONE FINAL-COMPLETE EDITION-』が3位。4位と5位には、アニメ関連のタイトルが並んでいる。

関連記事リンク(外部サイト)

ゼイン・マリク、アンドレ3000最新インタビュー、ウィル・スミス子供たち&マイケル名盤再発にも注目:今週の洋楽まとめニュース
サザン、Perfume、セカオワなど新年から話題続々、ももクロ新作2アルバム情報が複数解禁:今週の邦楽まとめニュース
カワイイ!新世代王道アイドル“神宿”1000人超規模ワンマン大成功 初の東名阪ツアーなど飛躍の2016年開幕

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP