ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アダム・ランバート、3年ぶりソロ・ジャパン・ツアーが開催中! クイーンのボーカルを経てアーティストとしてますます成長した姿でファンを魅了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アダム・ランバート、3年ぶりソロ・ジャパン・ツアーが開催中! クイーンのボーカルを経てアーティストとしてますます成長した姿でファンを魅了

 人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』シーズン8で準優勝し、2009年にデビュー・アルバム『フォー・ユア・エンターテイメント』、2012年にセカンド・アルバム『トレスパッシング』をリリース。ソロ名義の活動だけでなく、伝説の英ロックバンド、クイーンのボーカリストとして世界ツアーに参加し、【SUMMER SONIC 2014】では“QUEEN + Adam Lambert”としてヘッドライナー出演。その圧巻のパフォーマンスで世界を魅了するアダム・ランバートが、ワーナーブラザーズ移籍第1弾となる最新アルバム『オリジナル・ハイ』を引っさげ、1月7日よりジャパン・ツアーをスタートした。

アダム・ランバート ライブ写真一覧

 初日の仙台公演に続き開催された、1月8日の東京ドームシティホール公演。3年ぶりのソロ公演ということで客席は満員。舞台が暗転し、イントロが流れ、ファンの手拍子の中、ステージの中央にアダムが現れると、悲鳴のような大歓声が巻き起こる。アダムは4人のバンド・メンバーと2名のダンサーを従え「日本のみんな! The Original High Tourへようこそ!」とMC。鮮烈なデビュー・シングル「For Your Entertainment」や、最新アルバムからのリード・トラック「Ghost Town」など新旧織り交ぜたセットリストを披露。オーラと歌唱力で観客を魅了する。MCでは「東京ー! みんな元気? また戻ってこられて嬉しいよ。この場所と東京のファンのみんなが大好きだから。アルバム『オリジナル・ハイ』も気に入ってくれてありがとう!」とコメント。人気曲「Whataya Want From Me」では、客席に寄り添うようにしっとりと歌い上げた。ラストは「Trespassing」に続けて、クイーンの「Another One Bites the Dust」を披露、熱狂はクライマックスに。アンコールでは「東京ー!」のコール・アンド・レスポンスも巻き起こった。全23曲のパフォーマンスを終え、アダムは「素晴らしい夜をありがとう!」と満面の笑みでステージを後にした。

 デビュー時からそのエンターテイメント性に溢れたパフォーマンスが絶賛され、クイーンとのワールド・ツアーを経て唯一無二のアーティストとして更なる進化を遂げたアダム・ランバート。ソロ公演では、その魅力を存分に堪能することができる。この後も大阪、名古屋、東京と公演を行う予定だ。

ライブ写真(2点):Masanori Doi

◎公演情報
<大阪公演>
2016年1月12日(火) 大阪・なんばHatch
チケット:8,500円(1F:スタンディング・入場整理番号付、2F:座席指定/税込)※ドリンク代別途
お問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 (http://udo.jp/Osaka)

<名古屋公演>
2016年1月13日(水) 名古屋・ダイヤモンドホール
チケット:8,500 入場整理番号付(スタンディング/税込)※ドリンク代別途
お問い合わせ:CBCテレビ事業部 052-241-8118

<東京公演>
2016年1月15日(金)・1月16日(土) 東京・EXシアター六本木
チケット:8,500(アリーナ:スタンディング・入場整理番号付、スタンド:座席指定/税込)
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 (http://udo.jp/)

詳細:http://udo.jp/Artists/AdamLambert/index.html

関連記事リンク(外部サイト)

シカゴ大阪公演のライブレポート&ライブ写真が到着
テイラー、マルーン5、ケンドリック!2015年最強の洋楽ヒット曲集『2016 GRAMMY ノミニーズ』が1月29日発売決定
デヴィッド・ボウイ オフィシャルSNSで死亡と報じられる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。