ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

良縁と金運を呼び込む!箱根の「九頭龍神社 本宮」でパワーをGET

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年の良縁と金運を呼び込みたければ、箱根町にある九頭龍神社に出かけましょう。このパワースポットには多くの芸能人も訪れると言われています。

お参りをして清々しい気分になったあとは、箱根の温泉にゆっくりと浸かり、一年の計画でも練ってみてはいかがでしょう。このスポットの概要と魅力についてたっぷりとご紹介しましょう。

九頭龍神社 本宮

運を呼びこむ箱根の由緒ある神社

木々に囲まれてひっそりと佇む、本宮の社殿

箱根神社の社殿。こちらのご祭神・箱根大神の霊力を授った万巻上人が毒龍を調伏し、九頭大神としてお祀りしたと伝わる

新宮前ではご神水「龍神水」のお水取りを

神奈川県・箱根町と言えば、温泉が有名なスポットですが、芸能人が毎年お忍びで通うことでも知られている九頭龍神社本宮もそこに鎮座しています。

この神社に祀られている神様は芦ノ湖の守護神、九頭龍大神で、湖を満たす水の神様として知られています。そのため開運や金運にご利益があると言われているのです。実際、多くの芸能人が毎年やってきているのを見る限りでは、金運には確かにご利益がありそうです!

毎月13日の「月次祭」では、元箱根港から特別参拝船が出航し、辿り着いた境内で祭事がとり行われます。そのタイミングで足を運んでみるのも良いかもしれません。九頭竜神社本宮境内には、芸能・財福の神様を祀った弁財天社もあり、これもまた芸能人を引き寄せている一つの理由かもしれません。九頭龍神社本宮境内には、芸能・財福の神様を祀った「弁財天社」も

箱根神社境内には「新宮」もあり、一緒に両社参りをすれば、金運をばっちり呼び込めるはずです。境内では、お守り「九頭竜御守」や「九頭竜根付御守」も販売。どちらも金運・心願成就のお守りで800円です。「九頭龍根付御守」800円。開運金運・心願成就のお守り

「九頭龍御守」800円。開運金運・心願成就のお守り

どうせ箱根まで足を運んだなら、近くにある他の神社にも一緒にお参りしてみてはいかがでしょうか。例えば、箱根九頭竜の森受付近くには白龍神社が。前述した箱根神社や新宮も足を伸ばしてみたいパワースポットです。

箱根九頭龍の森受付近くの「白龍神社」にも参拝を

さてお参りを終えたら、よく歩いた足を休ませてあげたいですよね。箱根は温泉の町でもありますから、日帰り入浴で楽しんでみてはいかがでしょう。

例えば遊覧船乗り場から徒歩5分ほどの場所に芦ノ湖一の湯があり、そこでは姥子温泉に浸かれます。この姥子温泉は古くから眼の病気に効くと言われてきました。ここのお湯は100%源泉掛け流しで、お湯の肌触りも大変なめらか。帰りに是非立ち寄りたいスポットです。

姥子温泉 芦ノ湖一の湯

箱根町に都心からアクセスする場合は小田急線ロマンスカーが一番便利でしょう。箱根湯本駅で降りたら、そこからは伊豆箱根箱根園行きで1時間5分、終点からさらに徒歩30分です。車を使わない場合、決してアクセスが良いわけではありませんが、それだけに辿り着いたときの感動は大きいはずです。 九頭龍神社 本宮

TEL/0460-83-7123(箱根神社)

住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根防ケ沢(箱根九頭龍の森内)

営業時間/9時~16時(箱根九頭龍の森)

定休日/なし

入場料/九頭龍の森入園料500円

アクセス/電車:小田急線箱根湯本駅より伊豆箱根バス箱根園行きで1時間5分、終点より九頭龍の森入口

まで徒歩30分

車:東名厚木ICより車で50分の箱根園に駐車(1000円)後、徒歩30分

駐車場/なし

姥子温泉 芦ノ湖一の湯

TEL/0460-84-5331

住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根160-51

営業時間/13時~20時(露天風呂は13時~15時)

定休日/不定

入浴料/大人882円、小学生以下410円

アクセス/電車:小田急ロマンスカー箱根湯本駅より伊豆箱根バス湖尻行きで30分、終点より徒歩10分

車:東名御殿場ICより40分

駐車場/20台

「九頭龍神社 本宮」の詳細はこちら

まとめ

今年こそ恋人を見つけたい!貯金をしたい!と考えている方、良縁と金運を呼び込むために箱根の九頭龍神社に向かいましょう。きっと効果があるはず!今年は何か素晴らしいことが起きるはずです。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

出雲大社のお参りついでに♪ゆっくり観光したい人にオススメの出雲スポット5選
【和歌山】写真好き必見!世界遺産をはじめとしたとっておきの撮影スポット5選
シーズン到来!八女&宗像で満喫!福岡のイチゴ狩り農園と巡る冬ドライブ2コース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP