ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新大久保で楽しめる本格的チュニジア料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月11日放送の「ワイド!スクランブル第2部」(テレビ朝日系、午後12時30分~)では、外国人が奮闘する街・新大久保の今を特集。テレビ朝日アナウンサーの久保田直子さんがチュニジア料理の専門店「ハンニバル」(東京都新宿区)を訪れた。

JR中央線大久保駅より徒歩2分ほどにある同店は、日本に来日して20年のチュニジア人シェフが営むレストランで、青と白に美しく統一された内装の店内で本格的なチュニジア料理が味わえる。
シェフ自慢の魚料理は、身の締まった白身魚を焼き魚介のダシで煮込んだ「白身魚のクスクス」(1600円/税込)で、小麦粉をお米のように小さく丸めて作ったクスクスと一緒に頂く。食した大久保さんは驚いた表情で「新感覚!」と第一声。「クスクスに魚と野菜のダシが全部染みこんで美味しい」と手が止まらない。続いてチュニジアの春巻き「ブリック」(1個700円/税込)を大きくかぶりつくとそこにはトロトロの半熟玉子がお目見え。「噛んだところによって味が全く違うし、食感も違う。小宇宙のようにいろんな世界がつまってる!」と興奮気味にコメント。
コース料理のみで味わえるアフリカ特産のホロホロ鳥を使った「まるごとオーブン焼き」も絶品とのことで、これからも多くの客で賑わいそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:Hannibal(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大久保のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:大久保×洋食・西洋料理のお店一覧
特注鍋で楽しむ新感覚焼き肉「焼鍋」
天ぷら割烹で頂く冬限定ハヤシライス

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP