ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

だから私は旅が好き!心を豊かにしてくれる2つの瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Masaya Shimajiri「フィリピン留学中に世界遺産を見にバナウェへ」

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。
TRiPORTをご覧いただいている旅好きな読者のみなさんはそれぞれ、「旅のなかでたまらなく好きな瞬間」が、きっとありますよね。もちろん私にもあります。今回は、「これだから旅はやめられない!」「旅をしていて本当によかった」と感じた瞬間をご紹介します。

「生の暮らし」を肌で感じた瞬間

世界には数えきれないほどの国があり、言葉があり、宗教があり、私たち日本人とは異なる生活習慣をもって暮らす人々がいます。私はテレビやインターネットを通じて、日頃から異国の人々の生活に触れるよう意識していますが、それは切り取られたほんの一部で、見えていない部分も多いのかもしれません。

はじめて訪れる国では、目の前に知らない世界が広がり、その世界で暮らす人々と出会います。私は昨年3月にニューヨークへ訪れたとき、Airbnb‎を使ってブルックリンのアパートに宿泊しました。そこでは暖房のコントロールがきかない、自宅に洗濯機がないなど、多少の不便さを感じることも。

街もゴミが多く、お世辞にもキレイとは言えない状況…。そんな少しの不満もありましたが一方で、ニューヨークには時代の最先端をいくアパレルショップや世界トップクラスのエンターテインメントを堪能できるスポットがあり、日本とは異なる開放的な明るい暮らしぶりを肌で感じることができました。

また、一昨年フィリピンを訪れた際は、料金交渉に対してものすごくシビアなタクシードライバーや、小さな赤ん坊を抱いてお金を要求する女性に出会うなど、生活の厳しさを感じる瞬間がたびたびありました。観光として訪れる分には、物価が安く自然があふれていて楽しめる国ですが、不衛生な場所もまだまだ多く、暮らしの地としては過酷な一面があります。

このように実際その地に足を踏み入れてこそ、生の暮らしぶりをリアルに実感できる気がします。これは私にとって非常に貴重な経験であり、旅で得られる価値でもあります。同時に自分の生活がいかに恵まれているか、いかに狭い世界で生きているかも痛感するのです。

大切な人と想いを共有した瞬間

Photo credit: Takamichi Kobayashi「イタリア周遊旅行」

私は、一人旅よりも大切な誰かと過ごす旅が好きです。そんな私が日本を離れて旅をするなかで、もうひとつ「幸せだなぁ」としみじみ感じる瞬間があります。それは大切な人と「想いを共有できた瞬間」。旅では、エネルギーにあふれた自然の風景や歴史をダイナミックに感じられる遺跡に感動したり、新鮮な魚介のおいしさにテンションが上がったり、楽しみが満載です。一方で、カバンを開けられて財布を盗まれそうになったり、電車やバスの行先をまちがえたり、怖い思いをすることも。

そんな異国の旅ならではの「ワクワク感」も「うれしさ」も「初体験」も「恐怖」も「戸惑い」も、大切な人たちと共有できる瞬間がたまらなく幸せです。そして思い出を懐かしみながら「あのとき、あんなことあったね」と会話を交わす時間も、幸せなひととき。

旅のなかで一緒に撮った写真やお揃いで買ったお土産は形として残り、宝物になりますよね。国外への旅は日常ではなくスペシャルな時間。だからこそこれからも一緒にいたい人、心から好きだと思える人と旅をともにしたいのです。

心のままに感じれば「豊かな自分」に出会える

Photo credit: さかいたまき「【フロリダ】フロリダキーズを縦断《絶景!国道1号線ドライブ》」

私が世界を訪れて「好きだ」と感じる2つの瞬間は、自分を豊かにしてくれる瞬間でもあります。知らない世界を感じて視野を広げることも、大切な人たちと忘れたくない思い出を作ることも、心の栄養補給であり、成長にもつながっているはずです。

世界の国々には、心を揺り動かすような感動をくれる場所もあれば、目をそむけたくなるような残酷な現実もあると思います。そして、一生のうちに訪れることができる国は限られています。もっと心の豊かさを身につけるため、そしてライターとして世界中のリアルな姿を発信するため、私の旅物語はまだまだ続きます。

ライター:小林香織
Photo by: yokoichi「フィンランドの冬を味わい尽くす旅。Stage1-2 #PolarNightMagic」

関連旅行記はこちら

*Masaya Shimajiri「フィリピン留学中に世界遺産を見にバナウェへ」
*Takamichi Kobayashi「イタリア周遊旅行」
*さかいたまき「【フロリダ】フロリダキーズを縦断《絶景!国道1号線ドライブ》」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP