ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷エクセルホテル東急が贈る、2人で利きショコラが楽しめそうなバレンタインチョコ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

渋谷エクセルホテル東急5階ラウンジ「エスタシオン カフェ」ケーキショップでは、2月1日(月)~14日(日)の期間、パティシエ自家製のバレンタインチョコレートを販売する。

バレンタインチョコレートの販売を始めて2年目の今年は、パティシエの磯谷卓哉氏が一粒一粒個性の違うチョコレートをプロデュース。2種類のボックスが用意される。

まずは、原産地の違うショコラを同じルセットで5つのボンボンショコラにした「ショコラ デギュスタシオン」。これなら利きショコラができそう。

赤はマダガスカル産で、赤いベリーを思わせる酸味が特長。オレンジはペルー産で、華やかでフローラルな香りが感じられる。白はベネズエラ産で、奥深いアロマと濃厚な風味が魅力。緑はエクアドル産で、バナナのような芳醇な風味が特長。黄はガーナ産で、繊細な酸味と柔らかなショコラの風味を堪能できるのだとか。

そして、一粒一粒違った味を楽しめるチョコレートアソート「ボンボンショコラ」は、バニラの風味たっぷりの柔らかいキャラメル、たくさんのナッツを使いミルクチョコレートでコーティングしたプラリネ、チョコレート本来の味のビター、酸味と苦味の組み合わせが絶妙なフランボワーズ、濃厚で風味豊かなピスタチオの5種が詰め合わせてある。

渋谷エクセルホテル東急「エスタシオン カフェ」のバレンタインチョコレートは、どちらも税込1620円での販売となっている。詳しくはコチラ(http://www.shibuya-e.tokyuhotels.co.jp/ja/restaurant/shop03/plan/1416096780063.html)。

バレンタインの日は仲良く2人で、利きショコラを楽しんでみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP