体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Island Reggae界で噂のナチュラル・ビューティー歌姫Tenelle(テネル)!

Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
ハワイには成人式というものはないけど、18歳で選挙権が与えられ、21歳でようやくお酒が飲めます。その代わり、この岩から飛び降りれるようになったら立派な男だとか、タトゥーをすると(伝統的なポリネシアンTatoo)大人だとかとかいうのは沢山ありますね。アメリカは16歳の誕生日に大きな誕生会を開くんだけど、どうして16歳なのかは不明です。たいていは16歳の誕生日で車の免許書をとれるので車のプレゼントが多いかな?
お正月は日本だったけど、今はMauiです。東京では毎日電車で気軽にどこでも行けて楽しかったけど、先週からは毎日海ばっかり…日本にまた行きたい!

Tenelle (okmusic UP's)

さてさて、夏からIsland Reggaeのコラムを始めましたが、女子のアーティストの紹介が少ないので、先週に引き続き女性island Reggaeシンガー、Tenelle(テネル)を紹介いたします。
http://youtu.be/XwIlYSr89es
Tenelleはカリフォルニア生まれ、小さいころから歌手にあこがれ、12歳からウィルスミスの音楽プロデューサーからボーカルレッスンを受け、やがて叔父さんはじめ、親戚とバンドを組み、18歳でLAで有名なHouse of Blues で演奏を果たしたの。その歌声はIsland Reggae界で噂になり、Island Reggaeの代表とも言えるCommon Kingsのバックコーラスにも参加したのよ。Island Reggaeの女性アーティストはなかなかいないからかな? その後もIsland Reggae界の大御所アーティストCommon Kings、Fiji、Spawnbreezie、AWA、Bo Napoleon…他多数参加していたわ。

Tenelleは3年前にCommon Kingsと来日、Zeppに日本中のIsland Reggaeファンが駆けつけるほどの人気だったそうよ。Tenelleは初来日で日本が大変気に入ったらしく、今度は単独でLiveをしたいとか。日本でももうちょっとIsland Reggaeがたくさん聞かれるようになれば、Tenelleの生歌声も聴けるのにな…。

まずはTenelleのハスキーで色っぽい定評のTenelleの歌声、是非聴いてみてね!
Mahalo

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy