ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【明日開催】ラストクエスチョン〈決死のリベンジワンマン〉で浅川琴音ソロ曲初披露なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リアル脱出ゲームを企画・運営する株式会社SCRAP所属のアイドル・グループ、ラストクエスチョンが明日1月13日、東京・渋谷CLUB QUATTROで大規模謎解きワンマン・ライヴ〈ラストクエスチョン 決死のリベンジワンマンライブ〉を開催する。

当日は、メンバーの浅川琴音がグループ初となるソロ曲を披露する予定。

ライヴは謎解きパートとライヴ・パートの2つで構成され、観客とメンバーの謎解き結果次第でライヴの内容が大幅に変わる”観客参加型ライヴ”となる。そのため、浅川のソロ曲が初披露されるかも、「謎解きミッション」の結果次第。果たして無事に披露できるのか、注目しよう。当日の12時まで、チケットの取り置き予約を受け付けている。(前田将博)

〈ラストクエスチョン決死のリベンジワンマンライブ『ここでつまづいたら死ぬしかないっ!』〉
2016年1月13日(水)渋谷CLUB QUATTRO
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
料金:前売 3,500円(+1D) / 当日 4,000円(+1D)
プレイガイド:http://eplus.jp/sys/T1U14P002171632P0050001
・取り置きチケット受付フォーム
http://goo.gl/forms/6LoJJOoFkM
当フォームにご入力いただいた方は 3500円+1D でご入場いただけます
受付締切:1/13 12:00まで

■注意事項
※当フォームの券種はD番となります。
※整理番号の配布はございません。待機列からの順次入場となります。
※関係者受付にて「お取り置きフォーム入力済」とお伝えの上、お名前をお申
し出ください。
※チケット代はご入場の際現金でお受け取りいたします。
※キャンセルの場合のご連絡は必要ございません。

▼あらすじ
1月13日のワンマンライブを目前としたラストクエスチョンへ
宿敵ワイ・ピカデリーから挑戦状が届いた。

「ラスクエ、そしてパーティの面々よ。
 クアトロに、いくつかのミッションを仕掛けさせていただいた。
 もしもそのミッションをクリア出来なかったら
 セットリストから曲を1曲ずついただこう。」

どうやら、ライブ会場に仕掛けられたミッションをクリアしなければ、
ライブで披露できる曲数が減ってしまうようだ!

仕掛けられたミッションは簡単ではないはず。
ラストクエスチョンと集まったお客様で編成された
ラストクエスチョン軍の力を合わせ、ミッションをクリアしろ!

集え、ラストクエスチョン軍よ。
立ち向かえ! ラストクエスチョン軍よ。
闘いの幕が、切って落とされた!

▼謎解きパートルール説明
1.イベント中にワイ・ピカデリーよりラストクエスチョン軍へ幾つかのミッションが与えられます。
2.ミッションをクリアできた場合、ワイ・ピカデリーのHPへダメージを与えることができます。
3.ミッションをクリアできなかった場合、ラストクエスチョンのセットリストから楽曲が削除されます。
4.ミッションには、謎解きだけでなく体力・運を使うものや会場にお集まりの皆様の人数が重要になるものもあります。大勢の皆様でミッションに臨めるようご協力ください。
5.「ワイ・ピカデリーのHPを0にする」もしくは「全てのミッション終了時にセットリストに楽曲が残っている」どちらかの場合、ラストクエスチョン軍の勝利となります。
6.ミッションの結果、披露できる楽曲数が0曲になった場合、別アクトを行います。ご了承ください。

▼ラストクエスチョンとは
人生で一度はゲームやマンガの主人公になってみたかったすべての人に贈る、一緒にまだ見ぬ物語を作っていけるアイドル。
それがラストクエスチョン!

時にはライブ中に殺人事件が起こり、みんなで犯人を捕まえたり。
時にはパーティを組んで悪の組織に立ち向かったり。

この物語の中ではあなたも、ラストクエスチョンのメンバーも、みんなが主人
公です。

これからの旅路の中、どんな物語が生まれていくのでしょうか。
未来は誰にも解りません。
テレビゲームより濃い冒険に、一緒に繰り出そう!

・ラストクエスチョン、1stアルバム『QUEST』をひっさげワンマン・ライヴのリヴェンジへ!(OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/2015122301
・ラストクエスチョンのボードゲームにサカモト教授、劔樹人、R藤本が参戦!! レポート&インタヴュー!(OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/20160105
・ラストクエスチョン オフィシャルサイト
http://lab-question.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP