ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​SSW熊木杏里がヤマハに移籍! 9thアルバム『飾りのない明日』は3月中旬リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画、ドラマ、CM などで30本以上のタイアップ実績を持つシンガーソングライターの熊木杏里が、中島みゆきらを擁するヤマハミュージックコミュニケーションズへ移籍した。

音楽は「自分と向き合うためのツール」であり「自己表現の方法」だという熊木だが、一時は国語教員の道も考えていたという。それに裏打ちされるように、その言葉選びには多くの文学的な素養が表れている。

そんな熊木の移籍第一弾作となる9枚目のオリジナル・アルバム『飾りのない明日』には、全10曲を収録。身近で切ないラブソングから、生きることを深く掘り下げたテーマのものまで、幅広い楽曲を手がけたのはサウンド・プロデューサーの扇谷研人だ。

同作は3形態での発売となり、TYPE-A、TYPE-Bは共にライブDVDが同梱された初回限定盤となる。TYPE-Aには2015年4月1日にビルボードライブ東京にて行われたLIVE TOUR 2015「生きているがゆえ」の模様が、そしてTYPE-Bには自身初となる映像クリエイターとのコラボレーションも実現させた、2015年11月22日に日本橋三井ホールにて行われたLIVE in autumn「歌が姿を見せる日」の模様が収録される。

『飾りのない明日』は3月16日(水)発売、春先にはリリース・ツアーも予定されている。

【参照リンク】
・熊木杏里 オフィシャルサイト
http://kumakianri.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

作曲家・岩代太郎がジョン・ウー監督最新作のために書き下ろした作品集を発売!
​SSW熊木杏里がヤマハに移籍! 9thアルバム『飾りのない明日』は3月中旬リリース
ゴールデングローブ賞でレオナルド・ディカプリオが見せたレディー・ガガへのリアクションがネット上で話題に→レオ自ら弁明【動画】
TOKIO長瀬智也が渡部篤郎に語った「モテる定義」が次元が違いすぎると話題に 「石油王と同じ発想」
エイバル・乾貴士、スペイン移籍後待望の初ゴール!海外メディアも「日本人選手の中でもベスト・パフォーマンス」と絶賛【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。