ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夜の水族館にお泊り!大阪・海遊館が参加グループ募集開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪市の水族館『海遊館』が、ジンベエザメが泳ぐ水槽の前で寝袋を使って宿泊できる「グループでおとまり」(通称:おとまりスクール)の参加グループ募集を開始しました。

【関連:ジンベエザメやアザラシの濃厚ラブレター 大阪・海遊館がプレゼント】

「グループでおとまり」の1日目は、飼育員と一緒に夜の水族館を探検気分で見学。夜の生き物の様子を詳しく説明してくれるそうです。
そして2日目は朝食ビュッフェを楽しんだあと、普段見ることのできない開館前の作業や、生き物たちの様子が貸し切りで楽しめたり、開催中の25周年特別展示「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」も見学することができます。

対象は小学生を含む20名以上40名以下のグループで、内18歳以上の保護者の参加5名以上が必要。また当日は各自寝袋を持参することも参加条件に含まれます。参加費は大人(16歳以上)7000円、小・中学生4500円で朝食費が含まれるそうです。

開催日は3月5日~6日、3月12日~13日の各回1泊2日。応募は郵送のみで、2月2日必着になっています。応募方法の詳細については、海遊館ホームページで確認してください。

このイベントは昨年まで20名以上、30名以下のグループを対象に開催されていましたが、好評につき今回は参加人数を増やして行うそうです。
同水族館では、「学校のクラスメイトや地域の子供会など、仲間と楽しいひとときを過ごしていただき、生き物についてより一層興味を持っていただければ」と参加を呼びかけています。

おたくま経済新聞
カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP