ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

型吹きガラスの職人が作る高級「富士山グラス」 一個5400円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 飲み物を注ぐと、その色に染まった富士山が浮かび上がる「富士山グラス」(270ml・ 5400円)は、2015年2月の発売以来、入手困難な状態が続いているという。製造・販売を行っているのは1956年創業の「田島硝子」だ。

「職人がひとつひとつガラスを吹き上げて作っているので、どんなに頑張っても月に6000個が限界です」

 そう話すのは、3代目社長の田嶌大輔さん。熱気あふれる工場の中央には、365日休まず稼働している大きなガラスの溶融炉があり、それを取り囲むように4~5人のグループが、5チーム編成で作業を行い、そのうち1チームがほぼ毎日「富士山グラス」を作っている。行程は以下の通り。

 約1400℃の高温で溶かしたガラスを、ステンレス製の吹き竿に巻き取り、ガラス種を作る。次に、吹き竿から息を吹き入れて膨らませて形を作る。これは江戸時代から続く“型吹きガラス”の手法だが、「富士山グラス」は、さらに応用した技法で作られている。

「皆さんがイメージする吹きガラスは、息を吹き入れながら竿を回して形を作っていくものだと思います。しかし、非対称形である富士山の姿かたちを忠実に再現するには、軸を回転させて作るのは不可能です。

 そのため、ガラスが熱いうちに富士山の型に入れ、竿とガラス種の底の部分を固定。側面の型のみを回転させ、息を吹き入れながら膨らませてグラスに成形していくのです」(田嶌さん)

 それだけではない。富士山グラスは、底の厚い部分と側面の薄い部分で冷める時間に差が生じ、温度差で割れてしまわないよう注意して冷ますなど、かなりの労力を要して作られている。

 凸凹した富士山の山肌は、飲み物を入れるとキラキラと反射し、美しい富士山が浮かび上がる。購入した人がSNSに写真をアップし、ついには中国版ツイッター“微博”で話題となったというのもうなずける。

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福島、八丈島、電車、都内…あらゆる場所から富士を眺めた本
赤く染まった富士山に雲龍が舞い上がるレッドドラゴンの写真
溶岩や断層等富士山の奇景を楽しめる計7コースを紹介した本

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP