ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】人気テレビドラマシリーズ『ベター・コール・ソウル』シーズン2のポートレートを入手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のテレビドラマシリーズ『ベター・コール・ソウル』シーズン2の放送が2月15日午後10時(現地時間)より始まる。それに先立ち、本誌ヴァラエティが登場人物のポートレートを入手した。

シリーズの主演を務めるボブ・オデンカークは、シーズン2ではより多くのサプライズがあると語った。本誌ヴァラエティの独占インタビューにて、「この番組のファンはきっと夢中になる」「どんな人が出てくるかお楽しみにして」と述べた。

『ブレイキング・バッド』の続編となるこのドラマシリーズのシーズン1は、2015年2月に放送を開始し、18-49歳、25-54歳と全視聴者の間で年間ナンバーワンとなった高視聴率番組である。

新しい登場人物の写真を見てみよう。

前シーズンのラストで、オデンカーク演じるジミー・マッギルはニューメキシコの大手弁護士事務所からのオファーを断っていた。書類カバンを携帯している上の写真を見ると、彼は無事仕事に戻ったようだ。そして恐らく新しい仕事を始めたのだろう。

ジョナサン・バンクス演じるマイク・エルマントラウトは、ついに駐車場管理の仕事から永遠に決別することができたのだろうか?前シーズンのラストでは、ジミーへの(メンタル面の)彼の影響力が明らかになってきていた。

マイケル・マッキーン演じるチャックは、彼の弟であるジミーと修繕不可能な絶縁の原因となった残忍な対決に立ち向かっていた。彼らの絆は修復できるのか?そしてチャックはついに彼の“病”を克服することができるのか?シーズン2での見どころである。

レイ・シーホーン演じるキム・ウェクスラーはジミーの親友であった。長年それ以上の何かを期待しながら。2人のロマンスはついに実を結ぶのか?

ジミーの敵であるパトリック・ファビアン演じるハワード・ハムリンは、私たちが思っていたよりも悪者ではないのかもしれないと知った。ジミーが彼自身の法律事務所を立ち上げる時に“ベイダー卿”が待ち受けているものは何なのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP