体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空港だけじゃない!シンガポールの無料WiFiとSIM事情

Photo credit: Erika Anne Nagaoke「【シンガポール】豪華マリーナベイサンズ2泊★絶景≪天空のプール≫‼︎」

Photo credit: Erika Anne Nagaoke「【シンガポール】豪華マリーナベイサンズ2泊★絶景≪天空のプール≫‼︎」

こんにちは! TRiPORTライターのTKです。
世界的に有名なハブ空港を持ち、経済成長も目覚ましいシンガポール。
最近はスマホやタブレットなども普及し、インターネットで様々な事ができるようになり、現代の人には欠かせない物となっています。
インターネットはもちろん旅先でも必要不可欠。でも、「海外だと通信料が高くて心配」という人はWiFiを使っている人がほとんどだと思います。
今日は、シンガポールでWiFiを使いこなす為のハウツーを紹介していきたいと思います。

政府が無料WiFiを提供してくれている!

Photo credit: chinnian via flickr cc

Photo credit: chinnian via flickr cc

日本では、カフェやショッピングセンター内のみでしかWiFiが普及していませんが、アジアを代表する国際都市シンガポールでは、世界中から多くの観光客やビジネスマンなどが訪れるためネット環境は欠かせません。
そこで、シンガポールでは政府が自らWiFiを普及させているのです!
これにより、シンガポールに着いたらすぐにインターネットへの接続環境を確保する事ができるので大変便利です。

無料WiFiの通信速度

Photo credit: Kai Hendry via flickr cc

Photo credit: Kai Hendry via flickr cc

無料WiFiがあると非常に便利ですよね! しかし、気になるのは通信速度。いくら無料でも繋がりにくかったり、通信速度が遅すぎて全然ページが表示されなかったり、メールの送受信ができなければ意味がありません!
では、シンガポールの政府が提供しているWiFi「Wireless@SG」はどうなのでしょうか?
電波が悪い場所もありますが、最大通信速度は2Mbqsです。これはメールの送受信、YouTUBEなどの動画視聴(高画質再生を除く)やネットサーフィンは問題なく行えます。
無料でここまでできるのは嬉しいですよね! ビジネスシーンなどで使用する場合は日本からWiFiルーターを持っていくか、現地でSIMカードを購入したりして対応すると良いでしょう。

「Wireless@SG」の利用方法

では、実際にWireless@SGに接続してみましょう! Wireless@SGに接続する方法と、ビジネスシーンで利用したい人向けにSIMカードを購入して接続する方法についても紹介します。

1. チャンギ国際空港で登録をする

Photo credit: Satoshi Abe「航空券1日前購入でも大丈夫! 現地人と楽しむ(全部任せちゃうw)シンガポール旅行!」

Photo credit: Satoshi Abe「航空券1日前購入でも大丈夫! 現地人と楽しむ(全部任せちゃうw)シンガポール旅行!」

まず、最もポピュラーで簡単な方法がチャンギ国際空港で登録する方法です。
こちらは、空港に到着して税関を通過した後にある「インフォメーション」のデスクで行えます。WiFiに接続したい旨を伝えればユーザーネームとパスワードが記載された紙を貰えるので、それらを入力すれば接続完了です!
パスワードの入力画面は、インターネットに接続する際にブラウザが立ち上がりパスワードを入力する欄が表示されるので、画面の指示にしたがって下さい。
※設定画面でモバイルデータ通信をoffにして使用してください。そうしないと海外通信料等がかかってしまいます。

2. 現地でSIMカードを購入して接続する

Photo credit: 22n via flickr cc
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。