体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国四千年の歴史を旅しよう!おすすめ観光名所TOP10

Photo credit: Takako Mamiya「初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅」

Photo credit: Takako Mamiya「初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
長い長い歴史を誇る中国。その歴史のなかで、思わず圧倒されてしまう風景や言葉を失うほど美しい景色がたくさん生まれてきました。
中国のいろいろな場所を観光したいけれど、どこから見たら良いかわからない・・・という方のために、今回は訪れれば感動すること間違いなしの観光スポットTOP10をご紹介します!

<おすすめ観光名所TOP10>

1. 万里の長城

Photo credit: Adam Evertz「My Journey to China」

Photo credit: Adam Evertz「My Journey to China」

最東端の虎山長城から最西の嘉峪関へ長い長い一路を伸ばす「万里の長城」は、1987年に世界遺産に登録されました。春秋時代に秦の始皇帝の命により、異国からの襲来を防ぐために作られた土壁をつなぎあわせて、国境を造ったのが始まりです。
全長は約6000キロメートルあり、歴史を感じることができます。中国を観光するのなら絶対に訪れたいスポットです。

万里の長城(Great Wall)
住所:延慶県八達嶺鎮関溝北端
電話番号:010-6912-1880
営業時間:(夏季)6:00〜18:00(冬季)6:30〜17:00
入場料金:(夏季)45元(冬季)40元
アクセス:北京市内よりタクシーで約1時間30分

2. 外灘

Photo credit: Tomoaki Eto「外洋クルーズのススメ」

Photo credit: Tomoaki Eto「外洋クルーズのススメ」

外灘は旅行番組などで、必ずと言っていいほど紹介される上海の有名観光スポットです。一般的に、阿蘇河から中山東一路と呼ばれる約1.5キロメートルの通りが外灘と呼ばれるエリアです。エリア内で最も有名なスポットは「外灘遊歩道」で、記念撮影をしたり歴史建築群をじっくり眺めながら散策するのにもってこいです。
1843年11月に南京条約が結ばれ、上海港が開港したことにより、外灘は外国人移住区として大きく発展していきました。歴史ある建造物たちは、その時代の流れを現代まで伝えています。

外灘(Waitan)
住所:上海市中山東一路
アクセス:地下鉄2、10号線「南京東路駅」7号出口から徒歩7分

3. 黄山

Photo credit: Andrew and Annemarie via flickr cc

Photo credit: Andrew and Annemarie via flickr cc

中国の東北部、安徽省にそびえる黄山には有名な峰が72あり、それぞれに特徴があります。そのなかでも3大主峰と呼ばれる天都峰、蓮花峰、光明頂は標高1800メートルの高さを誇ります。黄山にかかる雲海も観光客に大人気で、雲が波のように漂う様子は幻想的です。
現在黄山は温泉、玉屏、北海、松谷、雲谷、白雲、夢幻の地域に分けられ開発が進んでおり、観光地として多くの人で賑わっています。

黄山(Huangshan)
アクセス:黄駅から約70キロメートル、車で約1時間30分

4. 秦始皇帝兵馬俑博物館

Photo credit: Pawel Sobol「China :)」
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。