ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国四千年の歴史を旅しよう!おすすめ観光名所TOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Takako Mamiya「初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
長い長い歴史を誇る中国。その歴史のなかで、思わず圧倒されてしまう風景や言葉を失うほど美しい景色がたくさん生まれてきました。
中国のいろいろな場所を観光したいけれど、どこから見たら良いかわからない・・・という方のために、今回は訪れれば感動すること間違いなしの観光スポットTOP10をご紹介します!

<おすすめ観光名所TOP10>

1. 万里の長城

Photo credit: Adam Evertz「My Journey to China」

最東端の虎山長城から最西の嘉峪関へ長い長い一路を伸ばす「万里の長城」は、1987年に世界遺産に登録されました。春秋時代に秦の始皇帝の命により、異国からの襲来を防ぐために作られた土壁をつなぎあわせて、国境を造ったのが始まりです。
全長は約6000キロメートルあり、歴史を感じることができます。中国を観光するのなら絶対に訪れたいスポットです。

万里の長城(Great Wall)
住所:延慶県八達嶺鎮関溝北端
電話番号:010-6912-1880
営業時間:(夏季)6:00〜18:00(冬季)6:30〜17:00
入場料金:(夏季)45元(冬季)40元
アクセス:北京市内よりタクシーで約1時間30分

2. 外灘

Photo credit: Tomoaki Eto「外洋クルーズのススメ」

外灘は旅行番組などで、必ずと言っていいほど紹介される上海の有名観光スポットです。一般的に、阿蘇河から中山東一路と呼ばれる約1.5キロメートルの通りが外灘と呼ばれるエリアです。エリア内で最も有名なスポットは「外灘遊歩道」で、記念撮影をしたり歴史建築群をじっくり眺めながら散策するのにもってこいです。
1843年11月に南京条約が結ばれ、上海港が開港したことにより、外灘は外国人移住区として大きく発展していきました。歴史ある建造物たちは、その時代の流れを現代まで伝えています。

外灘(Waitan)
住所:上海市中山東一路
アクセス:地下鉄2、10号線「南京東路駅」7号出口から徒歩7分

3. 黄山

Photo credit: Andrew and Annemarie via flickr cc

中国の東北部、安徽省にそびえる黄山には有名な峰が72あり、それぞれに特徴があります。そのなかでも3大主峰と呼ばれる天都峰、蓮花峰、光明頂は標高1800メートルの高さを誇ります。黄山にかかる雲海も観光客に大人気で、雲が波のように漂う様子は幻想的です。
現在黄山は温泉、玉屏、北海、松谷、雲谷、白雲、夢幻の地域に分けられ開発が進んでおり、観光地として多くの人で賑わっています。

黄山(Huangshan)
アクセス:黄駅から約70キロメートル、車で約1時間30分

4. 秦始皇帝兵馬俑博物館

Photo credit: Pawel Sobol「China

西安北東部、臨潼区に建つ秦始皇帝兵馬俑博物館には、約8000体以上もの馬や兵士の像が収められ、一体ずつの顔の表情や服装などがすべて異なっていることが大きな特徴です。
死後の秦の始皇帝を守るために地下に置かれたと言われています。兵馬俑の発見は「20世紀最大の発見」と言われ、世界中が驚愕しました。1987年に世界遺産に登録、同年一般公開されました。

秦始皇帝兵馬俑博物館(The Museum of Qin Terra-cotta Warriors and Horses)
住所:陝西省西安市臨潼区西楊村
電話番号:029- 8139-9127
開館時間:8:00〜18:00
休日:年中無休
アクセス:西安中心部から北東へ40キロメートル、西安市内から車で約45分

5. 九寨溝

Photo credit: Yuichi Kudo「中国 四川省 世界遺産九寨溝 信じられない美しさ」

言葉を失うほど美しい風景を鑑賞したり、自然の壮大さを感じることができる西南部、四川省の九寨溝エリア。大小100以上の湖や沼、滝などが点在し、透明な水が静かに流れていく様子は見とれてしまうほどの絶景です。
1970年代に森林伐採の業者に発見されるまでその存在を人々に知られておらず、まさに秘境と言える場所です。1992年自然遺産に登録されました。

九寨溝(Jiuzhaigou)
住所:四川省九寨溝県
電話番号:+86 837 773 9753
ホームページ:http://www.jiuzhai.com/
アクセス:成都駅よりバスで約10分

6. 成都パンダ基地

Photo credit: Mikan Hana「世界遺産・美しすぎる九寨溝と、かわいすぎるパンダ観光★(四川成都)」

成都市北部の斧頭山にある成都パンダ基地は、絶滅危惧種の野生動物や貴重なパンダなどを保護するために作られた施設です。ジャイアントパンダやレッサーパンダ、鶴やコウノトリなどを年間を通して飼育しています。
施設は自然に囲まれ、動物たちがのびのびと生活している姿を実際に見ることができます。また、敷地内に建っているパンダ記念館内では、2000種以上の標本や約800枚の動物たちの貴重な写真を見学できます。

成都パンダ基地(Giant Panda Breeding Research Base)
住所:中国四川省成都外北熊猫大道1375号
電話番号:028-8351-0033
営業時間:8:00〜17:30
休日:年中無休
入場料金:58元
ホームページ:http://www.panda.org.cn/jp/
アクセス:成都駅→青龍バスターミナル下車→徒歩約20分で到着

7. 武陵源

Photo credit: Daisuke Taniwaki「中国国家AAAAA級風景区」

湖南省張家界市にある武陵源は、もとはトゥチャ族やミャオ族など少数民族が生活する秘境の地でしたが、1970年代に入り、鉄道が敷かれたことでその存在を多くの人に知られるようになりました。
総面積約264平方キロメートル、200メートル以上ある背の細長い岩が3100個以上立ち並ぶ岩山からは自然の雄大さをひしひしと感じることができます。岩山の麓には豊かな自然が広がり、たくさんの動物が生息しています。

武陵源(Wulingyuan)
住所:中国張家界市桑植和慈利两县交界处
アクセス:中国中央部の重慶から東に約500キロメートル。上海、北京、広州から張家界空港への直行便有り。

8. 漓江

Photo credit: David Boté Estrada via flickr cc

全長426キロメートルの河である漓江は、南領山脈の猫児山を源にして、桂林の市街地を横断し、珠江に合流します。繊細な水墨画のような風景は、多くの人の心を魅了しています。
また、環境保護を徹底して行っているため、川底を泳ぐ魚や水の中を漂う水草をじっくり観察できるほど水が澄んでいます。漓江の河下りコースは世界的に有名な観光コースとして知られ、さまざまな国から観光客が訪れます。

漓江(Li River)
住所:中国広西壮族自治区東部
電話番号:773-282-5502

9. 麗江古城

Photo credit: Tsuyoshi Fujikawa「丽江でのんびり旅 DAY3」

雲南省の西北部に位置する麗江古城。麗小川のせせらぎが聞こえ、静かで素朴な雰囲気がまるで故郷に帰ってきたような気持ちにさせてくれる街です。小川にはたくさんの橋が架けられ、その数なんと354本。その多くが明、清の時代に作られました。
町中にある建造群には、ナシ族、漢族、白族、チベット族などさまざまな民族の特徴が形となって残されていて、資料としての重要性や貴重さから1997年に世界遺産に登録されました。

麗江古城(Lijiang Ancient City)
住所:Gucheng, Lijiang, Yunnan, 中国
電話番号:0888-511-1118
ホームページ:http://www.ljgc.gov.cn/
アクセス:麗江東駅→路線バス13番線乗車→「玉元橋」バス停下車→徒歩10分

10. ポタラ宮

Photo credit: Takeshi「Around of the world.  Lhasa in Tibet」

チベット自治区ラサ市を流れるヤルンツァン河のすぐ側、マルポリの丘にポタラ宮は建っています。宮殿内の壁画や彫刻、霊塔、塑像など芸術性の高い内装が目を引きます。ポタラとは現地の言葉で「観音菩薩の住む場所」という意味で、チベット仏教の信者に聖地として崇められています。
特に、敷地内に建てられている白宮と紅宮は豪華な内観を見学することもできるので、歴史を肌で感じるのにぴったりのスポットです。

ポタラ宮(Potala Palace)
住所:35 Beijing Middle Rd, Chengguan, Lhasa, Tibet, 中国
電話番号:086-891-683-4362
入場時間:9:00〜13:00
休日:年中無休
入場料金:100元
ホームページ:http://www.potala-palace.com/
アクセス:ラサ駅で1番、6番、12番、17番、24番バス乗車→「拉百」バス停下車

<旅してきました!中国旅行記5選>
絶景

1. 「北京の観光名所を散策!」Araさん

Photo credit: Ara「北京の観光名所を散策!」

万里の長城を訪れたときのログブックです。中国の歴史を感じることができる万里の長城は、観光には絶対に外せないスポットですよね。遠くからでも、長い一本の道が伸びていることがはっきりわかります。雄大な世界遺産を目の当たりにしたときの興奮を感じることができ、自分の目でも万里の長城を見たくなります。
ほかにも、近代アートが並ぶ北京の街並、歴代皇帝の位牌が収められている皇穹宇など、いろいろな観光スポットの紹介をしています。北京を巡る旅を計画中の方におすすめです。

女子旅

2. 「成都パンダに会いに行く、女子旅四日間」平井樹美さん

Photo credit: 平井樹美「成都パンダに会いに行く、女子旅四日間」

中国といえばやっぱりパンダ! 成都パンダ基地では、かわいいパンダに思う存分出会えます。パンダたちが笹の葉をもぐもぐと食べたり、のんびりとお昼寝する姿の写真も載っていて、その可愛さについ見入ってしまいます。
いつごろ入園すればパンダの食事シーンを見やすいかなども記録されているので、動物好きの方は必見のログブックです。

兵馬俑

3. 「中国シルクロードロマンの旅」Yuichi Kudoさん

Photo credit: Yuichi Kudo「中国シルクロードロマンの旅」

秦の始皇帝の陵墓に並ぶ兵馬俑を訪れた際の様子を知ることができます。一体ずつに特徴がある像を人の手で丁寧に作っていたのだと思うと、驚くのと同時に秦が繁栄していたことを強く感じることができます。
兵馬俑のほかにも、傾国の美女と呼ばれるほどの美しさを持つ楊貴妃と玄宗のロマンスの舞台としても知られる華清池などについても詳しく書かれています。寝台列車で移動するなど、楽しいイベント満載のログブックです。

大自然

4. 「世界遺産・美しすぎる九寨溝と、かわいすぎるパンダ観光★(四川成都)」Mikan Hanaさん

Photo credit: Mikan Hana「世界遺産・美しすぎる九寨溝と、かわいすぎるパンダ観光★(四川成都)」

九寨溝エリアの美しい自然を写真や文章から感じることができるログブックです。荘厳な雰囲気溢れる大きな滝やエリア内でもっとも美しいと言われるエメラルドグリーンの湖「五彩池」など自然のなかで楽しみ癒やされている様子を感じることができます。
不思議な色の湖面に映し出される山の景色は、この世のものとは思えないまさに絶景です。エコツーリズムが好きな方におすすめのログブックです。

世界遺産

5. 「麗江と瀘沽湖」Masaki Hilanoさん

Photo credit: Masaki Hilano「麗江と瀘沽湖」

可愛らしく、懐かしい雰囲気を感じさせてくれる世界遺産の街、麗江古城の街並みやその地域に住む人々の生活を記録しているログブックです。賑わう朝市に繰り出してみたり、家と家の間に水路を見つけたりとローカルな部分を知ることができます。
モソ族の住む村で、大家族の家にホームステイして現地の人の生活を実際に体験するなど、めずらしい経験談が載っています。

おわりに

中国の観光スポットTOP10をご紹介しました。思わず言葉を失ってしまうほど圧倒される雰囲気、この世のものとは思えない美しい風景が中国にはたくさんあるんです。長い長い歴史の流れにじっくりと浸りながらいろいろな場所を巡りたいですね。ぜひ、次は中国へ旅立ってみてはいかがでしょうか?

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Takako Mamiya「初めての北京観光!世界遺産を巡る歴史旅」

関連旅行記

*Tomofumi Takahashi「世界遺産をめぐる北京の旅」
*Ayum Og「北京の歴史とアートにふれる旅」
*Mitsuyo Kondo「中国観光の定番コースを楽しむ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP