ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒猫チェルシー、地元神戸の成人式でサプライズライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月11日、成人の日に兵庫・神戸ノエビアスタジアムで行われた、神戸市主催の「平成28年神戸市成人お祝いの会」に地元神戸で結成されたロックバンド黒猫チェルシーがサプライズで登場し、来月発売の新曲「グッバイ」や震災復興の合唱曲「しあわせ運べるように」など3曲を1万人の新成人の前で披露した。

黒猫チェルシーといえば、昨年朝ドラ「まれ」で、ヒロインまれの同級生高志役として、ボーカルの渡辺大知がレギュラー出演し、さらに、劇中バンドlittle voiceとして他のメンバーも一緒に出演、劇中バンド名義でCDデビュー、ツアーもするなど話題となったバンドだ。来月2月3日にはレーベル移籍後第1弾として、シングル「グッバイ」を発売、その後全国7カ所のツアーも行う。

この日、晴天に恵まれた神戸、ノエビアスタジアムのピッチに黒猫チェルシーがサプライズ登場すると、会場からは1万人の大歓声が沸き起こった。黒猫チェルシーのメンバーは5年前、自分達が20歳の時、同じスタジアムでこの成人式に参加している。あれから5年、今度はステージから新成人のお祝いをする事となった。

ボーカル渡辺大知はMCで「僕たち、神戸の高校で結成したバンドで、黒猫チェルシーといいます。皆さん、おめでとうございます!こんなおめでたい席で演奏させてもらえて嬉しいです」と、新成人達にメッセージを送った。

また、今年で25歳の渡辺大知は、震災から21年ということで、自身の震災体験が4歳で、ちょうど物心がついた頃だったという話から、震災後に生まれた今年の新成人の皆さんに「小学校や中学校で歌ってきて知ってる人は一緒に歌いましょう」と声をかけ「しあわせ運べるように」をバンドバージョンでカバー。

ライブ終了後に、今回の成人式の実行委員である新成人の方々と一緒に一本締めにも参加した黒猫チェルシー。普段はサッカーの試合が行われているピッチを今日は熱いライブ会場に変え、迫力あるライブパフォーマンスで新成人へとエールを送った。

この日が2016年初ライブとなった黒猫チェルシー。シングル「グッバイ」をひっさげて、2月末からは全国7カ所のリリースツアーも控えている。

リリース情報

シングル「グッバイ」
2016年2月3日発売
初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-8969〜70 1,800円+税
通常盤(CDのみ)SRCL-8971 1,200+税

関連リンク

黒猫チェルシー オフィシャルサイト:http://www.kuronekochelsea.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP