体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らないと後悔する「脳のトリビア9つ」 夢・睡眠・痛みもコントロールできる?

脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。
ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝るリズムまで、自分自身が脳をコントロールすることで、自分の可能性を最大限引き出せると豪語します。実際、そんなに上手くいくの?

01.
「うたた寝」を極めれば
短時間睡眠でも平気!

知らないと後悔する「脳のトリビア9つ」 夢・睡眠・痛みもコントロールできる?

朝から夜まで仕事。日々多忙なスケジュールをこなした上で、家に戻れば家事が待っている。気づけば寝る時間は、ほんの数時間。多くの人が同じ悩みを抱えているかもしれません。ところが、睡眠時間をたくさん摂らずとも、シャキッと集中力を保っていられる方法があるんだとか。それが「Uberman Sleep Schedule」と呼ばれる睡眠法です。
体は急速状態なのに、脳は覚醒に近い状態で活動している。ご存知「レム睡眠」を最大化するよう、睡眠パターンを意図的に調整していく方法です。

フルタイムで働いている人は、できれば午後、もしくは帰宅後すぐにうたた寝をしてみてください。たとえば午後7時から30分だけ寝てみる。ご飯を食べて入浴して、午後11時にベッドに入る。レム睡眠は、深い睡眠にいたる導入であり大切なもの。一般的な睡眠リズムにおいて、だいたい1時間のうちの半分がレム睡眠と考えられています。

たった30分でも、毎日午後に昼寝の時間を設ける。このうたた寝方法は、意識を集中させるのに役立つばかりか、最終的にはレム睡眠の量を倍増していくことも可能なんだそう。

02.
「寝る前のひとこと」で、
見たい夢を自在にコントロール

知らないと後悔する「脳のトリビア9つ」 夢・睡眠・痛みもコントロールできる?

誰でも一度は、夢であると自覚しながら見る夢(明晰夢)を経験したことがあるはずです。これは、夢を自分がコントロールしている証拠なんだそう。試しに、どんな夢を見たか?走り書きでメモを付けてみましょう。目覚めてすぐ、詳細な夢の情報を忘れないうちに書き留める。記録することで脳を訓練していくのです。

もうひとつ。自分が明晰夢を見ていることを自覚しましょう。最も発生しやすい時間帯は、朝起きがけ、特に二度寝しているときのようです。
また、「どんな夢を見たいのか」眠る前に意識を集中することも。まだ、完全に眠り就いていない状態とは、脳の機能が完全には停止していないから。この状態を保つことで、夢の中でも意識をはっきり持っておくことの訓練にもなるようです。

03.
難局をあえて楽しむ。
これで不安をシャットダウン

知らないと後悔する「脳のトリビア9つ」 夢・睡眠・痛みもコントロールできる?

毎日、ちょっとしたことですぐにイライラしてしまい、ネガティブ思考で何かとフラストレーションが溜まるもの。でも、人間関係や置かれた状況にストレスを抱え、いちいち否定的になるよりも、楽しいイメージを膨らませることで、イライラにフィルターをかけることを覚えましょう。
敗北感に落ち込んでいるより、むしろ困難な局面でも、ポジティブな態度で乗り切る術を身につけること。そのための脳の訓練、こっちの方がよっぽど建設的だと思いませんか?圧倒的にストレスを減らし、より効率的に物事を処理することができるはず。

04.
イライラ対策にも!
“幸せ”は脳にストックできる

1 2 3次のページ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。