体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プログラマの評価を上げるには、どうすればいい?遠藤侑介・まつもとゆきひろ・増井雄一郎☆鼎談3

日本のプログラマの社会的評価は低いのか

──最近は、企業のビジネスとして、低学年からのプログラミング教育に力を入れるところが出てきていますね。親がそういうキャンプに子どもを通わせると。

まつもと:プログラマって、ずっと「オタク」とか呼ばれてわりとさげすまれてきたので、その風潮を変えるきっかけにはなるかも。

親御さん、いわゆる、社会的評価を持つ立場の人が、自分の子どもにプログラマになってほしいと思って連れて行くというのは、大分イメージが変わってきたんだなと。

その点については、プラスに思っているんですよ。もちろん、連れて行ったからプログラマになるかどうか、わかんないんだけど(笑)。

増井:中高生がそこに参加すると、大学生のお兄さんとかお姉さんのメンターがいる。そういう大学生とかをかっこいいと思うらしいですよ。

──プログラム書ける人がかっこいい。問題を解決する人かっこいいみたいな、そういうイメージの転換は起こりつつあるんじゃないでしょうか。

まつもと:ぜひ起こっていただきたいとは思いますね。

増井:ただ僕は、社会的イメージが低いというのを、自分が感じたことはないんですよね。まあ、僕が気にしないたちだからというのはあるんですけど。

まつもと:社会的イメージ低いと思いますよ(笑)。

増井:低いと思います?

遠藤:僕も情報科学の仲間の中にいるうちは、そんなふうに感じたことはないですね。ただ、製造業のような業種だと、やっぱりプログラミングするよりも、機械を作ったり、ものを売るほうは偉いという感じは、あるかもしれない。

まつもと:僕も、某メーカーに行ったときに、ソフト書くのにちょっと大変なんで、メモリを増やしてくださいって話をしたら「メモリ増やしたら、1個あたりの単価が何百円上がるけど、それでいいのか」って、「おまえが給料の固定費だから」っていうことを聞いたことがある(笑)。

増井:固定費扱い(笑)。そういう意味では、遠藤さんがこの本を書いたことが、プログラマの評価を高める方向に働くといいですね。

まつもと:とある記事で言語別にプログラマの給料を調べたものがあって、一番高いのは、Scala、2番目がPythonで、3番目に何かがあって、4番目がRubyでした。ああ、Rubyは4番目かと思ったんだけど、そのRubyプログラマの平均年収が380万と書いてあった。4番目に多いとか、喜んでられなくなっちゃった(笑)。

※参考:プログラミング言語別☆年収データからトレンドを掴む

増井:それって国内の話ですよね。友だちが今ニューヨークで、スタートアップをやっているんですけど、現地で優秀なエンジニアを雇おうと思ったら、やっぱり、2500万から、3000万ぐらい払わなければ見つからないという話をしていました。

だから、日本のエンジニアでこっちに来たい人が誰かいないか、探してくれないかみたいな話がありましたね。

まつもと:そういう意味で言うと、アメリカではエンジニアの評価は高いんですね。

増井:はい、すごく高いですね。

まつもと:というわけで、やっぱり年収が高くないとだめなのね。社会がこの職業をどう評価するかという話は、やっぱり、年収である程度的確に測れると思うので。そういう意味で言うと、プログラマの評価はまだまだ低いなあという。

増井:それは、だから、トップが上がらないと下が上がらないって。まつもとさんにもぜひ「Pagani Zona HH」みたいな億単位の超高級車に乗っていただいて、レーシングチームを持ってもらうぐらいになってもらわないと。「ああ、プログラマも、あそこまでいくと、レーシングチームを持てるんだ。俺も頑張ろう」という人が出るんじゃないかと(笑)。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。