ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金美齢氏 安保法制巡り「民主主義は人を堕落させる」と指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャーナリスト・櫻井よしこ氏がキャスターを務めるインターネット番組『言論テレビ「櫻LIVE」』から、元台湾総統府国策顧問で、評論家の金美齢氏との対談のエッセンスを紹介。日本・台湾・中国をめぐる安全保障問題について櫻井氏と金氏が語り合った。

 * * *
櫻井:金さんは(2009年に)日本国籍をおとりになった。いま日本人として考えていただきたいんですが、南シナ海の北東の出入口に台湾があって、台湾を中国にとられると、南シナ海が中国の海になってしまいます。

金:内海になってしまいます。

櫻井:これは、すごい痛手です。だから台湾を絶対守り抜かなければいけない。台湾の国益は、日本の国益です。その意味で、金さんは日本国民に何をおっしゃりたいですか。

金:私はかつて台湾人だった時には、「台湾のために声をあげてください」「『日本は台湾側に立っています』というメッセージを送ってほしい」と、日本人に訴えていました。 いま日本人として言いたいのは、「台湾を失ったら次は日本だ」ということです。これは自分の問題なのです。

櫻井:安保法制にも大きな反対がありました。そうした日本の現状を見ていて、どうお考えですか。

金:9月3日に北京で行われた軍事パレードでは、中国はあれだけの軍事力を見せつけました。それが一体どういうことなのか、考えなければなりません。安倍さんが何か言うと、メディアは「中国がどういう反応をした」「韓国がどういう反応をした」、そしてせいぜい「アメリカがどういう反応をした」と報じます。しかし、あとの国の反応については何も言わない。

櫻井:台湾や東南アジアのことも、インドのことも、ニュージーランドやオーストラリアのことも、何も言わない。

金:安保法制が通ったことに他の国々が賛成して喜んでいるということは、どうして何も言わないのでしょうか。

櫻井:日本人が、もっと世界に目を向けるために、具体的に私たちは何をしたらいいのでしょうか。私はいつも話していますが、日本人は幸せすぎるのでしょうか。

金:そうです。民主主義は人を堕落させる。

櫻井:民主主義と豊かさですね。しかし、この民主主義と豊かさを守るためには、やはり受け身であってはならないわけで、闘わなきゃいけないですね。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
亜熱帯の国・台湾から冬季五輪に出たスキー選手を描いた書
金美齢氏 馬英九政権続けば台湾は中国に吸収との危惧広まる
中国は自国の地図で「尖閣諸島は日本領土」と明記していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP