ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

百田尚樹氏 ツイートする基準は「他人の話は書かないんです」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 当代きっての人気小説家ながら、度重なる暴言、失言の類いで世の顰蹙を買っている百田尚樹氏。時々発生するツイッターの炎上でも有名だが、本を出す以上は「売れてなんぼやと思います」、そう言い切る。プロインタビュアーの吉田豪氏が斬り込んだ。

──ちなみに、あの蛭子能収さんが『永遠の0』の映画を観て泣いたっていう。

百田:そうなんですか!

──あの心のない蛭子さんが泣いたんですけど、監督に会ったとき、「でもね、泣いたからっていい映画とは限りませんよ」って余計なことを言ってて(笑)。

百田:現代人はそういう自意識があるんですよね。泣いたら、良かったんですよ。でもそれを頭で「違う、涙と感動は別や」とか言うんですよね。全然素直じゃない。本とか映画を学問と勘違いしてる。編集者やなんかが、「面白くないのになぜ人気があるのかわからない」とか言いますけど、当たってる作品は普通に面白いですよ、朝ドラにしても。『半沢直樹』も面白かった。

──じゃあ今後、百田作品がもし売れなくなったら?

百田:即引退! 私はデビューした時から3作連続で重版かからなかったら引退って決めてるし、公言してます。重版かからないってことは、「お前の本は誰も喜ばなくなったよ」ってことだから、それでも書きたかったらブログに書きます。

──最後に個人的に興味あること聞いていいですか?

百田:はい、どうぞ。

──初体験はいつですか?

百田:……え!? いや、それはちょっと、さすがに。

──早いほうでした?

百田:ふつうやと思いますよ。ツイッターでも僕はなんでもかんでも書いてると思われていますが、実は自分のなかで基準があって。他人の話は書かないんです。

──へんずりならいいけど、初体験だと他人が絡んじゃうってことですかね。

百田:はい。初めてのへんずりはいつかなら、なんぼでも言いますけどね(笑)

【プロフィール】ひゃくた・なおき 1956年大阪生まれ。同志社大学中退後、放送作家になり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを務める傍ら、2006年に『永遠の0』を発表し、小説家デビュー。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『夢を売る男』『フォルトゥナの瞳』などのベストセラーを連発。2015年には初の新書『大放言』も話題になった。

※週刊ポスト2016年1月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
姑「嫁のタバコ許せん!」で嫁「吸う吸わないは個人の自由!」
寝ている孫を揺すって起こし泣き顔を撮り喜ぶ写真バカ夫
アップル信者の若手社員 先輩にジョブズをからかわれ大号泣

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。