ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内外の金融関係者注目のRING氏 がん新薬、人工知能株狙う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 株式投資などで資産1億円以上を築いた投資家たちを“億り人(おくりびと)”という。彼らの成功の秘訣は、市場を独自の視点で見通し、勝てる銘柄を選別することにある。順調に資産を殖やし続ける億り人に、2016年の投資戦略を聞いた。

 株式市場に影響をもたらすニュースをいち早くツイッターで配信。経済系メディアよりも早く情報を発信することがあるため、個人投資家だけでなく、国内外の金融アナリスト、さらには日銀や金融庁、財務省などの官僚からも注目されているのがRING氏だ。

 運用額は非公表ながらも、その資産は億を超える。謎めいた部分が多いRING氏だが、「今年は昨年以上の乱高下相場を意識しています」と警戒する。

「私の予想では、日本企業の業績“上振れ”が限定的となり上値は抑えられるものの、春くらいには日銀の追加金融緩和が実施され、日経平均は2万円を超えて推移する場面もあり得るでしょう。

 ポジティブな要因がある一方で、需給悪化が進めば再び1万6000円台も。中国やブラジルといった新興国などのネガティブな経済状況が再び表面化し、相場に悪影響を及ぼす可能性もあります」(RING氏、以下「」内同)

 乱高下相場で重要なのは「人気分野の見極め」だという。

「小野薬品工業(東証1部・4528)が、がん免疫薬『オプジーボ』でがん領域に参入したことを受け、買われています。昨年秋から2倍近く株価が上がりました。この手の医薬関連の株は期待先行で買われることが多い。

 しかし、小野薬品工業の場合、オプジーボの売り上げも伸び、業績にも寄与し始めている。テーマ先行の銘柄とは違う動きを見せていて、薬の適応範囲が拡大されれば、さらなる上振れ、上昇が期待できそうな強い銘柄だといえます」

 期待先行で買われても、後から実力もついてくる。他の分野、テーマでも同様の視点で物色する。

「人工知能技術を有する行動情報データ解析企業のUBIC(マザーズ・2158)は、期待先行に見えますが、特許分野でトヨタ系の企業に協力するなど具体的な展望が見える。また、昨今の原油安で三井化学(東証1部・4183)は採算性が改善されている他、紙オムツ向け不織布・通気性フィルムなど注目材料が豊富です」

【プロフィール】りんぐ/東京都在住・30代。投資歴12年目、日本株メインのトレーダー。強い銘柄を買い、弱い銘柄を売る「ロングショート」にデイトレードを組み合わせ、あらゆる相場で利益を上げている。Twitter:@xRINGx

※週刊ポスト2016年1月15・22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10月上場のリクルートHD株 1年で株価1.5倍もあると専門家
通訳ガイド他、東京五輪に向け国内で多言語化のニーズ高まる
不動産流動化関連の高ROE銘柄 指数組み入れ期待で投資妙味

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP