体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第73回ゴールデングローブ賞:15の冷遇と驚き

carol4

ゴールデングローブ賞は予測が不可能なことで知られており、その点において、今年は最もゴールデングローブ賞らしい結果となった。

主要部門を制覇した『レヴェナント:蘇えりし者』や『オデッセイ』、純情な少女役でブレイクしたブリー・ラーソン、カムバックを果たしたシルヴェスター・スタローンなど、受賞作の多くが驚きとは言えない一方で、テレビドラマ部門は予想から大きく外れた結果となった。さらに、映画部門においてもいくつかの衝撃があった。

もっと見る:第73回ゴールデングローブ賞:受賞一覧

以下に、第73回ゴールデングローブ賞における15の冷遇と驚きを紹介する。

冷遇:『キャロル』
どの作品よりも最多のノミネートを果たしたにも関わらず、トッド・ヘインズ監督が手掛けた1950年代のレズビアンロマンスは、『レヴェナント:蘇えりし者』のような派手なライバルとは対象に、いずれの賞の獲得にも至らなかった。主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされたケイト・ブランシェットとルーニー・マーラは、2人の票が割れてしまったのかもしれない。

驚き:ケイト・ウィンスレットとアーロン・ソーキン/『スティーブ・ジョブズ』
授賞式の最初の驚きは、採算ベースを下回る伝記映画で、ケイト・ウィンスレットが映画部門として最初に発表された助演女優賞を獲得したことだ。さらに、ソーキンの番狂わせと言える脚本賞受賞は、同作に対するハリウッド外国人映画記者協会の好意を強固なものにした。

冷遇:『スポットライト 世紀のスクープ』
批評家グループの受けが良く、協会からもかなりの支持を得ていたが、トーマス・マッカーシー監督の高名な映画は手ぶらのまま会場を去ることになった。

冷遇:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
ノミネートによる躍進と興行収入における確かな実績のおかげで、予想家の間では勢いを増し、アダム・マッケイ監督が手掛けた経済危機コメディが作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞すると期待する声もあった。しかし、なぜかミュージカル・コメディ部門に分類されたメガヒット作『オデッセイ』に敗れた。

驚き:ジェニファー・ローレンス/『Joy(原題)』
ジェニファー・ローレンスは、デヴィッド・O・ラッセル監督と組んで3度目のノミネートを果たし、3度目の受賞を獲得した。ローレンス本人さえも、(BFF=永遠の大親友)女優仲間、『Trainwreck(原題)』でノミネートされたエイミー・シューマーを応援すると述べたにも関わらず、投票者は、ほとんど喜劇の要素がないローレンスの演技を支持することを選んだ。

冷遇:『FARGO/ファーゴ』
米ケーブルテレビ局FXの人気シリーズは批評家のお気に入りで、昨年のゴールデングローブ賞では主演男優賞(ビリー・ボブ・ソーントン)と作品賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)の2部門を受賞した。今年は、ノミネートを果たした3部門、作品賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)、男優賞(パトリック・ウィルソン)、女優賞(キルスティン・ダンスト)を全て逃した。

驚き:『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』
米アマゾンは昨年、異色コメディ『トランスペアレント』で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。しかし、はるかに注目度の低いニューヨークのクラシック音楽シーンを風刺した『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』同様に、同作の再受賞を予想する者は少なかった。ガエル・ガルシア・ベルナルが主演男優賞を受賞し、昨年ジェフリー・タンバーが『トランスペアレント』で同賞を受賞したように、『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』も2部門を制した。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。