ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イサム・ノグチの「AKARI」と3人のアーティストがコラボ!「ひかりの連鎖」展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(C)NAMIKI Hiroo

イサム・ノグチゆかりのモエレ沼公園にて

2016年1月9(土)から3月6日(日)まで、北海道札幌市の「モエレ沼公園 ガラスのビラミッド」にて「AKARI reflection: ひかりの連鎖」展が開催されます。

モエレ沼公園は彫刻家・イサム・ノグチが設計したことで世界的に知られるアートスポット。今回はモエレ沼公園の中心施設でもある「ガラスのピラミッド」で、3人のアーティストがイサム・ノグチがデザインした名作照明「AKARI(あかり)」とともに作品展示を行います。

集まったのは光と密接に関わる作品を制作している作家たち。ガラス作家の高臣大介氏、水と光のインスタレーションを手がける佐々木秀明氏、日常のささやかな光をテーマにしている今村育子氏の3人がAKARIとのコラボレーションを展開します。

会期中は「3つのお話と小さな音楽会」として、作家が自身の作品について語り、会場内でミニコンサートが開かれるイベントも企画されているそう。

ランドスケープ、建築、照明、現代アート、音楽が交差するスペシャルなエキシビションは、遠方からも足を運ぶ価値あり。参加作家はそれぞれ展示期間が異なるため、事前に日程をチェックしてからお出かけください。 AKARI reflection: ひかりの連鎖

会期:2016年1月9(土)~3月6日(日) 9:00~17:00

ガラス作家・高臣大介:1月9日(土)~1月24日(日)

アーティスト・佐々木秀明:1月27日(水)~2月14日(日)

アーティスト・今村育子:2月17日(水)~3月6日(日)

※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌平日休館)、1月26日(火)、2月16日(火)

会場:モエレ沼公園ガラスのビラミッド2階 スペース2 / 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

入場料:無料

3つのお話と小さな音楽会

会期:2016年1月16日(土)17:00~18:00:高臣大介+原始人セラピー(プリミティブ)

2016年1月30日(土)17:00~18:00:佐々木秀明+嵯峨治彦(馬頭琴)

2016年2月27日(土)17:00~18:00:今村育子+マツクマコウ(カリンバ)

会場:ガラスのピラミッド2階 スペース2

入場:無料 ※申込不要

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

「大日本市博覧会」が国内巡回! 限定品・イベントが盛りだくさん
国内初の大規模「マリメッコ展」開催! 関連イベントも続々
ミラノ万博認定イベントが凱旋!日本の美「陰影礼賛」を楽しむ

TABROOM NEWS
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP