ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草食系男子の脈ありサインとアプローチ法(メッセージ編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたが気になる男性は草食系? どんなふうにアプローチをすれば喜んでもらえるのかが分からない…。

草食系男子にありがちなメールメッセージのパターンや脈ありサインをまとめてみました。

1.「楽しい」の一言を引き出せたら、脈ありの証拠

女性と話すことは苦手であっても、メールなら少しは自分の感情表現もできる草食系男子。素直な感情をさらけ出すことは恥ずかしいと思っているので、普通の人からしたら何でもない「楽しい」という言葉も、彼らにとっては特別な女性にしか使いません。「今日は楽しかった」とメッセージをもらえれば、かなりの脈ありサインであること間違いなしですよ。

2.自分が好みのタイプを伝えて積極的にアプローチを

あんなステキな女性が、自分のことを本気で思ってくれるなんて・・・。草食系男子の心の声としてありがちなセリフです。要は自分に自信がないので、はなから女性とお付き合いすることを諦めている男性もいることでしょう。そんな雰囲気を相手から感じたら、「彼氏を募集中」なんてちょっとおどけた感じでメールをしてみるのも効果的ですよ。

3.あなたへの褒め言葉は、かなりの脈ありサイン

メールになると、結構大胆に意見を言える草食系男子もいるようです。たとえば、あなたの服のテイストを褒めてくれるようなメールをもらえれば、素直に「脈あり」だと信じて大丈夫ですよ。「かわいい」「きれい」などの褒め言葉を女性に伝えることは、たとえメールであったとしても、草食系男子にとっては特別なことなのです。

4.彼と付き合いたい気持ちを、軽めな表現でアピール

「○○くんといると、素直になれる。ずっと一緒にいたい」といったような分かりやすい表現で、間接的にお付き合いしたい気持ちをメールで伝えましょう。草食系男子のなかには、「付き合う」という言葉を使われると、ちょっと大げさに感じてしまう人もいます。ただ、いつも一緒にいたいだけ、という軽めの感じで伝えれば、相手の心の負担になりにくいようです。

5.彼の長所を積極的に褒めてあげて

褒められることには、あまり慣れていない草食系男子は多いようです。したがって、一度褒めただけでは信じてもらえないと思ってよいでしょう。何度も「○○くんのここがいいよね」とか、一通り相手の長所を並べたうえで「だから、○○くんのことが気になって仕方がない」なんてメッセージを送ってみてはいかがでしょう。たくさん褒めてくれるあなたのことを、居心地がいいと感じて、自然に受け入れようとしてくれるはずですよ。

6.「一緒にいると落ち着くね」と心の距離が近いことをアピールして

相手の男性と一緒にいるだけで、とにかく自分の気持ちが穏やかになるということを伝えてみましょう。外見だけでなく、気持ちの上でも十分に満足できる相手だということを、あなたなりの言葉で伝えることができたら、彼のほうからも少しずつ距離を近づけてきてくれるようになります。基本的には女性に対して「怖がりさん」な草食系男子。その臆病さを取り払ってあげられるような大きな気持ちで包みこんであげましょう。

7.「またね」など将来に続く表現は、脈ありのサイン

ずいぶんと気兼ねしたり、一緒にいるとしんどいと感じる女性には、この「またね」という言葉は使いません。少なくとも、相手の男性が、あなたのことが気になっていたり、ちょっと好みだと思っているからこそ、「また会いたい」という気持ちが込められています。短いけれど、そこには彼の想いがいっぱい詰まっているのです。

8.自分の好みの物を伝えてきたら、脈ありと思って

好きな人に、自分のことを知ってもらいたいと思うのは、人間の本能的なものであるようです。たとえば、「○○は、食べ物の中でも一番好き」とさりげないメールを送ってきたら、かなり脈ありな証拠。あなたに自分の好きなものを知ってもらって、ちょっと親しくなれたらいいな、という期待が込められています。なかなか分かりづらいかもしれませんが、これは草食系男子の強めのアピールですよ。

奥ゆかしさがなんとも言えない魅力を放つ草食系男子は、あなたにとって、毎日を輝けるものにしてくれる貴重な存在ですよね。少しずつ感じられる変化を楽しみながら、あなたと彼なりのメールのやり取りを味わってみませんか。ジェットコースターみたいな恋愛とは一味違った、スローな恋愛の醍醐味を感じてみましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

「草食系男子」に共通する10の特徴
ユニコーン系男子に共通する7つの特徴
「男子にモテる仕草」と「男子が好きな仕草」6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP