体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

勝浦名物生マグロ!撮って食べて、マグロ三昧の観光スポット5選

勝浦漁港

黒潮の影響を受ける近海で獲れたまぐろが、生のまま水揚げされる勝浦漁港。その周りには、新鮮なまぐろを様々な料理で楽しませてくれる店が点在する。

地元の人たちに愛される店で、自慢の料理をお腹とカメラに収めちゃおう。

1.勝浦漁港

勝浦漁港に水揚げされる

生マグロを見に行こう!

勝浦漁港

1月~3月にかけ、一日に数千本のメバチ、キハダ、ビンチョウなどの生まぐろが水揚げされます。

朝7時からの入札(土・不定休あり)をデッキ(無料)で見学できます。こういう機会は滅多にないのでかなり貴重です。

写真を撮るならポイントはズバリ、逆光で撮る!まぐろのテカリを出すことで、獲れたてピチピチの新鮮さを感じる写真に仕上がります。 勝浦漁港

TEL/0735-52-0951(勝浦漁業協同組合)

住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7-8-2

「勝浦漁港」の詳細はこちら

2.bodai

勝浦で、外はカリッ、中はもっちり…

中とろのカツに思わず笑顔になる。

bodai 中がレア状態のカツとおろしポン酢が良く合う! bodai 撮影はそこそこに、熱々をいただこう bodai お洒落な店内は寛げる空間

創作和食を中心に、毎朝仕入れる新鮮なまぐろを多彩なアレンジで食べさせてくれます。特に、中とろのカツを使う丼や定食は絶品です!写真のように中身がレアな状態なのが一層食欲をそそります。

こんなに美味しそうなので思わず撮影したくなる。そんなとき、料理は特に逆光気味で撮ると◎。素材にテカリが出るうえ、陰影によって立体感が強調されるので美味しそうに撮れます。 bodai(ぼだい)

TEL/0735-52-0039

住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地5-1-3

営業時間/11時~14時(LO13時30分)、17時~23時(LO22時30分)

定休日/火(祝日の場合は不定、要問合せ)

料金/鮪(まぐろ)中とろカツ定食1500円

アクセス/紀勢道すさみ南ICより1時間10分

駐車場/2台(無料)

「bodai」の詳細はこちら

3.二代目

勝浦へ観光の際は、熊野の名物とまぐろづくしの定食を気軽に楽しめるこちらへ。

二代目 まぐろの刺身や串カツ、丼、目はり寿司とボリューム満点の定食 二代目 注文が入ってからひとつずつ丁寧に作られる目はり寿司 二代目 格子の引き戸と暖簾が目印
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy