ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説的ミュージシャンのデヴィッド・ボウイが69歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多大な影響を与えた英国のミュージシャンで、時代を特徴づけた1970年代のヒット曲『スペイス・オディティ』、『ヤング・アメリカン』、『フェイム』などを残したデヴィッド・ボウイが死去した。69歳だった。

ボウイの死は、1月10日(現地時間)の夜遅くに、公式のフェイスブックページで明らかとなった。

ボウイの家族は声明の中で、「18か月に及ぶ癌との勇敢な闘病の末、デヴィッド・ボウイは本日、家族に見守られながら安らかにこの世を去りました」と、コメントした。

中性的なシンガーソングライターだったボウイは、『地球に落ちて来た男』、『ハンガー』、『戦場のメリークリスマス』などの映画にも出演した。

彼の最新アルバム『ブラックスター』は先週金曜日に発売されたばかりで、肯定的な論評が聞かれていた。ボウイの息子で映画監督のダンカン・ジョーンズも、このニュースをツイートした。


カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP