体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう一度行ってみたい人気温泉地ランキング2016【関西】TOP5を発表!

金泉

城崎温泉、有馬温泉、白浜温泉などなど、こちらで紹介している5つの温泉は一度は見聞きしたことがある温泉かと思いますが、こんなモノがあったんだ!と新たな発見ができるほど様々な魅力をもった温泉スポットばかりです。

女子友達の美容温泉旅にも、カップルでのゆっくり癒し旅にも、ご家族みんなでリラックスする旅にもおすすめですよ。

1位.城崎温泉

外湯めぐりも、街遊びも!オール城崎の熱いもてなし。

「城崎温泉は、町全体が一つの旅館なんです」

城崎には古くから「町は一つの旅館」という言葉があります。駅は玄関、道路は廊下、旅館は客室、土産物店は売店、外湯は大浴場。つまり町全体が共存共栄の理念を持ち、町を守り続けてきました。だからこそ、城崎温泉最大の魅力である町歩きが発展したのです。

外湯めぐりや景観など守るべきは守りつつ、時代に合わせたおもてなしで町の魅力を磨いています。温泉でゆっくり町歩き。ゆったりとぜいたくな時間が過ごせるスポットです。

一の湯

一の湯 桃山様式の瀟洒な佇まいは城崎温泉のシンボル的存在。足湯も隣接 一の湯 裏山の自然岩を利用した野趣あふれる洞窟風呂。半露天なので涼しい

さとの湯

さとの湯 駅に隣接し、足湯も人気。屋上の露天からは円山川一望の絶景が! さとの湯 エキゾチックな洋風の内湯。ペンギンサウナやハーブ香るサウナもある さとの湯 滝が豪快に流れる和風の天上露天

柳湯

柳湯 柳湯 外の足湯に浸かれば目の前には柳並木が。中には木枠の湯船が1つ

御所の湯

御所風の荘厳な外観。中の休憩所にある金箔の屏風絵や天井画も必見

御所の湯 開放的なガラス張り天井!露天からは風情ある裏山の滝絶景を望める

まんだら湯

まんだら湯翡翠色をした寺院風の屋根と唐破風エントランスが印象的。檜造りの桶露天も風情満点

地蔵湯

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。