ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年風水的にうまくいく蓄財法 一攫千金狙うより確実な積立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年ごとに変わる星まわり。2016年は風水的にどんな年になるのだろうか。風水建築デザイナーの直居由美里さんによると、開運のキーワードは「母なる大地」「地道」「計画」だという。今年運気を上げるにはどうしたらいいか、直居さんに解説してもらった。

 * * *
 九星気学の年盤は、1年ごとに中央(中宮)に入る星が変わります。帝王の座である中宮に入った星は、その年を支配します。

 2016年、中宮に入るのは二黒土星。豊かな収穫をもたらす肥沃な田畑を象徴します。大地が植えられた種を大きく育てるように、二黒土星は慈愛に満ちた母親の星でもあります。

 2016年は広い意味で「生み育てる」ことがクローズアップされるでしょう。女性だけでなく、企業の経営者やスポーツチームの監督など人材を育てる役割に注目が集まります。

 母なる大地は、太陽の光を受けないと作物を育てられません。そこで、明るいエネルギーに満ちた「陽気なおばさん」タイプの女性が活躍します。「私はそんなキャラじゃない」なんて言わずに、親切でほがらかな態度を心がけましょう。人に親切にすればするほど運気が上がります。

 反対に、陰気で不機嫌な顔の人は幸運から見放されます。腐敗物さえも取り込んで肥料とする大地のように、小さなことは気にせず、大らかな気持ちを持ちましょう。理不尽なクレーマーには、運の悪い人が多いのですが、2016年は人のあら探しをして細かく文句をつけるのは、自らの運を一気に落とします。

 手作りの価値が見直され、料理や工芸教室には男性の参加者も多くなるでしょう。ものづくりの原点として、工場見学のブームも続きます。なんでも買って済ませるのではなく、自分で作ってみると楽しいし、節約にもなります。

「農業」も2016年の重要なキーワードです。米や麦などの穀 物、根菜を使ったヘルシーメニューが好まれます。二黒土星のラッキー食材である豆の健康パワーを取り入れるのも開運につながります。じっくり時間をかけた 煮豆のほか、豆腐や納豆、油揚げ、豆乳などの豆製品をよく食べていれば、金運も安定するはずです。

 全般的に、陰日向なく努力を続けることが開運の鍵。目立ちたがりでスタンドプレーに走る人は、底の浅さが見透かされてしまいます。

 農業やガーデニングをしている人はよくご存じでしょうが、植物を育てるには根気が要ります。人間の都合で早く花を咲かせることはできませんし、毎日の水やりが面倒だからといって、手を抜いては枯れてしまいます。

 そして、適切なタイミングで種を蒔くこと。いくら世話をしても、季節に合っていない植物は育ちません。

 つまり、しっかりした計画を立てることが必要です。どんな作物を収穫したいかを決めずに、畑を耕す人はいません。人生も同じで、目標は具体的であればあるほど実現性が高まります。漠然と幸せになりたいと願っているだけでは何も変わりません。

 二黒土星をストレートに表すのは、主婦。家事は細々としてきりがありませんが、家族が快適に暮らせるように目の前の仕事を次々と片付けてください。そうしたコツコツとした働きぶりが金運アップに直結します。

 そして、一攫千金を狙うより確実な積立貯金を。「塵も積もれば山となる」方式が、2016年に最もうまくいく蓄財法です。二黒中宮の年に貯蓄癖をつけておくと、それが種銭となって数年後に大きく増やすことができます。

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年末ジャンボ宝くじ 金運上げる12月7日14:38までの買い方
おせちの食材 豆、ごぼう、蓮根等の意味合い風水的に解説
紀香&恋人・乾氏 最強パワーストーンつけ婚前旅行から帰国

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP