ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

totoBIG「6億円当せん者」まだ現れず 初の「期限切れ」近づく

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
toto公式サイトでの呼びかけ「6億円の当せん者を探しています」

 スポーツ振興くじの「totoBIG」で、いまだ1等当せん者が現れず、当せん金”6億円”の時効が近づいている(2011年8月6日時点)。スポーツ振興くじを運営する日本スポーツ振興センターによれば、もし”億”単位の当せん金が引き換えられず、時効を迎えてしまうと、toto、totoBIG史上初のケースになるという。

 スポーツ振興くじには、Jリーグの試合結果などを自力で予想する「toto」や、その結果をコンピューターがランダムで予想する「totoBIG」などがある。「totoBIG」の1等最高額はキャリーオーバー時の最高6億円で、今回現れていない当せん者は2010年8月8日に結果が発表された第461回の1等6億円が当たっているという。また当せん者が購入した店は、神奈川県の京急上大岡駅構内にある「ルトラン上大岡旅行センター」と判明している。

 日本スポーツ振興センターによれば、これまでに時効を迎えた最高金額は、くじの販売が始まった初年度の2001年、第10回の「toto」で4805万4237円だという。今回はそれをはるかに上回る、スポーツ振興くじ当せん金最高額の6億円。時効を迎えると、6億円は法に基づいて通常の収益と同様、スポーツ振興の助成金に回るそうだ。

 果たして、時効までに当せん者は現れるのだろうか。引き換え期限は2011年8月9日(火)で、スポーツ振興くじを取り扱う信用金庫窓口が閉まるまで、とのことだ。

(岩本義和)

◇関連サイト
・6億円の当せん者を探しています – toto公式サイト
http://www.toto-dream.com/press/110629.html

【関連記事】
松田選手が死去 サッカー元日本代表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。