ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第73回ゴールデングローブ賞:受賞一覧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月10日(現地時間)の夜、第73回ゴールデングローブ賞の授賞式が開催された。毎年恒例となった映画とテレビ業界の栄誉を称える授賞式に、リッキー・ジャーヴェイスが4度目の司会者として戻って来た。

作品賞(ドラマ部門)に加え、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞(ドラマ部門)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が監督賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』が最多の3部門を受賞。テレビ部門では、米アマゾンのオリジナルシリーズ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』が作品賞(ミュージカル・コメディ部門)とガエル・ガルシア・ベルナルの男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞する予想外の結果となった。

ゴールデングローブ賞の授賞式はビバリー・ヒルトン・ホテルで開催され、NBCがライブ中継をオンエアした。以下に、受賞一覧を紹介する。

<映画部門>

作品賞(ドラマ部門)
『レヴェナント:蘇えりし者』(受賞)
『キャロル』
『マッドマックス 怒りのデスロード』
『ルーム』
『スポットライト 世紀のスクープ』

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
『オデッセイ』(受賞)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『Joy(原題)』
『Spy(原題)』
『Trainwreck(原題)』

監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/『レヴェナント 蘇えりし者』(受賞)
トッド・ヘインズ/『キャロル』
トーマス・マッカーシー/『スポットライト 世紀のスクープ』
ジョージ・ミラー/『マッドマックス 怒りのデスロード』
リドリー・スコット/『オデッセイ』

主演女優賞(ドラマ部門)
ブリー・ラーソン/『ルーム』(受賞)
ケイト・ブランシェット/『キャロル』
ルーニー・マーラ/『キャロル』
シアーシャ・ローナン/『Brooklyn(原題)』
アリシア・ヴィカンダー/『リリーのすべて』

主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ジェニファー・ローレンス/『Joy(原題)』(受賞)
メリッサ・マッカーシー/『Spy(原題)』
エイミー・シューマー/『Trainwreck(原題)』
マギー・スミス/『Lady in the Van(原題)』
リリー・トムリン/『愛しのグランマ』

助演女優賞
ケイト・ウィンスレット/『スティーブ・ジョブズ』(受賞)
ジェーン・フォンダ/『Youth(原題)』
ジェニファー・ジェイソン・リー/『ヘイトフル・エイト』
ヘレン・ミレン/『Trumbo(原題)』
アリシア・ヴィカンダー/『Ex Machina(原題)』

主演男優賞(ドラマ部門)
レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(受賞)
ブライアン・クランストン/『Trumbo(原題)』
マイケル・ファスベンダー/『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン/『リリーのすべて』
ウィル・スミス/『Concussion(原題)』

主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
マット・デイモン/『オデッセイ』(受賞)
クリスチャン・ベイル/『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
スティーヴ・カレル/『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
アル・パチーノ/『Dearダニー 君へのうた』
マーク・ラファロ/『Infinitely Polar Bear(原題)』

助演男優賞
シルヴェスター・スタローン/『クリード チャンプを継ぐ男』(受賞)
ポール・ダノ/『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
イドリス・エルバ/『ビースト・オブ・ノー・ネーション』
マーク・ライランス/『ブリッジ・オブ・スパイ』
マイケル・シャノン/『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

脚本賞
アーロン・ソーキン/『スティーブ・ジョブズ』(受賞)
エマ・ドナヒュー/『ルーム』
トーマス・マッカーシー、ジョシュ・シンガー/『スポットライト 世紀のスクープ』
チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ/『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
クエンティン・タランティーノ/『ヘイトフル・エイト』

アニメ映画賞
『インサイド・ヘッド』(受賞)
『Anomalisa(原題)』
『アーロと少年』
『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』
『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』

主題歌賞
ライティングズ・オン・ザ・ウォール/『007 スペクター』(受賞)
ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ/『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
ワン・カインド・オブ・ラヴ/『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
シー・ユー・アゲイン/『ワイルド・スピード SKY MISSION』
SIMPLE SONG #3/『Youth(原題)』

作曲賞
エンニオ・モリコーネ/『ヘイトフル・エイト』(受賞)
カーター・バーウェル/『キャロル』
アレクサンドル・デスプラ/『リリーのすべて』
ダニエル・ペンバートン/『スティーブ・ジョブズ』
坂本龍一、アルヴァ・ノト/『レヴェナント 蘇えりし者』

外国語映画賞
『サウルの息子』(受賞)
『The Brand New Testament(英題)』
『The Club(英題)』
『フェンサー』
『Mustang(原題)』

<テレビドラマ部門>

作品賞(ドラマ部門)
『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(受賞)
『Empire 成功の代償』
『ゲーム・オブ・スローンズ』
『ナルコス』
『アウトランダー』

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』(受賞)
『Casual(原題)』
『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』
『Silicon Valley(原題)』
『トランスペアレント』
『Veep(原題)』

作品賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)
『ウルフ・ホール』(受賞)
『アメリカン・クライム』
『American Horror Story: Hotel(原題)』
『FARGO/ファーゴ』
『Flesh & Bone(原題)』

女優賞(ドラマ部門)
タラジ・P・ヘンソン/『Empire 成功の代償』(受賞)
カトリーナ・バルフ/『アウトランダー』
ヴィオラ・デイヴィス/『殺人を無罪にする方法』
エヴァ・グリーン/『ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~』
ロビン・ライト/『ハウス・オブ・カード 野望の階段』

女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
レイチェル・ブルーム/『Crazy Ex Girlfriend(原題)』(受賞)
ジェイミー・リー・カーティス/『Scream Queens(原題)』
ジュリア・ルイス=ドレイファス/『Veep(原題)』
ジーナ・ロドリゲス/『ジェーン・ザ・ヴァージン』
リリー・トムリン/『グレイス&フランキー』

女優賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)
レディー・ガガ/『American Horror Story: Hotel(原題)』(受賞)
キルスティン・ダンスト/『FARGO/ファーゴ』
サラ・ヘイ/『Flesh & Bone(原題)』
フェリシティ・ハフマン/『アメリカン・クライム』
クィーン・ラティファ/『BESSIE/ブルースの女王』

助演女優賞
モーラ・ティアニー/『アフェア 情事の行方』(受賞)
ウゾ・アドゥバ/『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』
ジョアン・フロガット/『ダウントン・アビー』
レジーナ・キング/『アメリカン・クライム』
ジュディス・ライト/『トランスペアレント』

男優賞(ドラマ部門)
ジョン・ハム/『MAD MEN マッドメン』(受賞)
ラミ・マレック/『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』
ヴァグネル・モウラ/『ナルコス』
ボブ・オデンカーク/『ベター・コール・ソウル』
リーヴ・シュレイバー/『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』

男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ガエル・ガルシア・ベルナル/『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』(受賞)
アジズ・アンサリ/『マスター・オブ・ゼロ/Master of None』
ロブ・ロウ/『The Grinder(原題)』
パトリック・スチュワート/『Blunt Talk(原題)』
ジェフリー・タンバー/『トランスペアレント』

男優賞(リミテッドシリーズ・テレビムービー部門)
オスカー・アイザック/『Show Me a Hero(原題)』(受賞)
イドリス・エルバ/『刑事ジョン・ルーサー』
デヴィッド・オイェロウォ/『ある殺人者の告白』
マーク・ライランス/『ウルフ・ホール』
パトリック・ウィルソン/『FARGO/ファーゴ』

助演男優賞
クリスチャン・スレーター/『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(受賞)
アラン・カミング/『グッド・ワイフ』
ダミアン・ルイス/『ウルフ・ホール』
ベン・メンデルソーン/『ブラッドライン』
トビアス・メンジーズ/『アウトランダー』

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP