体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第73回ゴールデングローブ賞:受賞一覧

Golden Globe statues

1月10日(現地時間)の夜、第73回ゴールデングローブ賞の授賞式が開催された。毎年恒例となった映画とテレビ業界の栄誉を称える授賞式に、リッキー・ジャーヴェイスが4度目の司会者として戻って来た。

作品賞(ドラマ部門)に加え、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞(ドラマ部門)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が監督賞を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』が最多の3部門を受賞。テレビ部門では、米アマゾンのオリジナルシリーズ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』が作品賞(ミュージカル・コメディ部門)とガエル・ガルシア・ベルナルの男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞する予想外の結果となった。

ゴールデングローブ賞の授賞式はビバリー・ヒルトン・ホテルで開催され、NBCがライブ中継をオンエアした。以下に、受賞一覧を紹介する。

<映画部門>

作品賞(ドラマ部門)
『レヴェナント:蘇えりし者』(受賞)
『キャロル』
『マッドマックス 怒りのデスロード』
『ルーム』
『スポットライト 世紀のスクープ』

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
『オデッセイ』(受賞)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『Joy(原題)』
『Spy(原題)』
『Trainwreck(原題)』

監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/『レヴェナント 蘇えりし者』(受賞)
トッド・ヘインズ/『キャロル』
トーマス・マッカーシー/『スポットライト 世紀のスクープ』
ジョージ・ミラー/『マッドマックス 怒りのデスロード』
リドリー・スコット/『オデッセイ』

主演女優賞(ドラマ部門)
ブリー・ラーソン/『ルーム』(受賞)
ケイト・ブランシェット/『キャロル』
ルーニー・マーラ/『キャロル』
シアーシャ・ローナン/『Brooklyn(原題)』
アリシア・ヴィカンダー/『リリーのすべて』

主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
ジェニファー・ローレンス/『Joy(原題)』(受賞)
メリッサ・マッカーシー/『Spy(原題)』
エイミー・シューマー/『Trainwreck(原題)』
マギー・スミス/『Lady in the Van(原題)』
リリー・トムリン/『愛しのグランマ』

助演女優賞
ケイト・ウィンスレット/『スティーブ・ジョブズ』(受賞)
ジェーン・フォンダ/『Youth(原題)』
ジェニファー・ジェイソン・リー/『ヘイトフル・エイト』
ヘレン・ミレン/『Trumbo(原題)』
アリシア・ヴィカンダー/『Ex Machina(原題)』

主演男優賞(ドラマ部門)
レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(受賞)
ブライアン・クランストン/『Trumbo(原題)』
マイケル・ファスベンダー/『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン/『リリーのすべて』
ウィル・スミス/『Concussion(原題)』

1 2 3次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。