ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

411メートルの高さにタマヒュン必至!前人未到の挑戦に手に汗握る『ザ・ウォーク』最新予告解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411メートルの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に、ある一人の男が挑んだ。前人未到の夢の実現のためフランスからニューヨークに渡った名もなき男フィリップ・プティ。誰もが不可能と思う夢を実現し歴史を変えた男の姿を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を手がけたロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く『ザ・ウォーク』が1月23日(土)より日本公開となる。この度、上空411メートルのワイヤーウォークに手に汗握った後に訪れる、かつてない感動にクローズアップした、最終予告編が解禁された。

https://youtu.be/uEVThWNQo7o

今回公開された最終予告は、誰もが不可能と思う夢に勇気と覚悟を持って挑戦し、歴史を変えた主人公フィリップ・プティの、夢のその先に待つ感動を期待させる映像だ。

今はなきワールド・トレード・センター間のワイヤーウォークに挑んだプティ。それは周囲の人から見ると、「無謀」であり、「狂気」であり、「違法」なもの。しかし、彼にとってこれは「夢」であり、「希望」であり、「挑戦」だった。死への不安と戦い、数々の障害を乗り越え、周囲の人間に止められながらも、決して夢への歩みをやめなかったプティ。なぜ彼は命を懸けてまで、この一歩を歩んだのか?そして、夢のその先に何を見つけたのか?

未来永劫2度とこの冒険は誰にも挑戦できない、そして人類で彼たった一人という事実が、我々の胸に切なく迫り、ワイヤーウォークを行ったその先に待つ「何か」を期待させ、壮大な音楽とともに感動的な映像に仕上がっている。

「貿易センタービルの存在はともすれば悲劇とともに語られてしまうが、本当はかつての美しかったNYの姿の中で我々の心に残っているはず。それをもう一度思い出して欲しい。」 -監督 ロバート・ゼメキス

「入念な準備を重ねて、ついにワイヤーに最初の1歩を踏み出した瞬間の高揚感、それがフィリップの生きがいなんだ。」―ジョセフ・ゴードン=レヴィット

「僕のパフォーマンスを見た人たちから、『自分も夢をかなえられる。山を動かせるという気持ちになった』と言われる。これは完璧さの探求とアートに対する敬意の物語なんだ。」-フィリップ・プティ(モデルとなった実在の人物)

411メートルのワールド・トレード・センターの間を、まるで自分が渡っているかのような感覚を覚える驚愕の3D映像。”映像の魔術師”ロバート・ゼメキス監督が魅せる、誰にとっても<100%未体験>な本作。人類でプティしか知らない驚愕の世界を、是非劇場で体験してほしい!

『ザ・ウォーク』は1月23日(土)より公開

■参照リンク
『ザ・ウォーク』公式サイト
www.thewalk-movie.jp

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

草食系男子ブームはハリウッドにも!「繊細イケメン」俳優選りすぐり あなたの推しメンは誰?
タマヒュン&ガクブル必至!クレイジーすぎる世界各地の高所映像とツインタワー頂上からの景色をご覧ください

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP