ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐ目指すべき価値がある「グローバル人材2.0」 とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: DIAC images (Harmony DayUploaded by russavia) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

ここ4、5年の間に「グローバル人材」という言葉があっという間に広がり、英語習得や異文化理解など、グローバルな活躍をするための様々な要素が各メディアで取り上げられるようになりました。しかし昨年頃から、徐々にグローバル人材の存在が薄れはじめ、その代わりにアクティブ・ラーニング(能動的学習)のような欧米諸国で推奨されるメソッドに注目が集まっています。

このように時代には流行りがつきものですが、グローバル人材の言葉の定義がきちんと理解されていないまま、存在が薄れはじめてしまっている気がします。世界に目を向け、グローバルな活躍をする人材は、今後ますます必要になることでしょう。では一体、どのような人材を世界は求めているのでしょうか?

今回は海外留学のEFが考える、いますぐ目指すべき価値のある「グローバル人材2.0」についてご紹介します。

国際問題を解決できる人材が必要!

多くの方がご存知の通り、昨年は世界各地でテロが起き、紛争によって多くの難民が世界中で救済を求めた年でした。読者の中には、もしかすると「私たち日本人には関係ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、前述した難民問題では、日本だけで昨年5,000人を超える受け入れ申請がありました。

それらの問題は、特定の国や地域に限定した問題ではありません。世界で問題を認識し、世界で解決しなければいけないものばかりなのです。世界が「今」まさに求めているのは、その一つ一つの国際問題に目を向け、解決することができる人材です。今起きている国際問題は遠い存在ではないと認識しましょう。あなたの行動が解決の一歩になるかもしれません。

日本人が得意とする問題解決力とは?

では私たち日本人だからこその問題解決力とは、どういったものなのでしょうか? 例えば、私たちの「集団で協力し、乗り越える力」は、他の国よりも優れていると言われています。2011年3月に起きた東日本大震災の復興は今なお続いていますが、あの震災から地域の垣根を越えて集団で協力し、困難を乗り越える力がより一層増したのではないでしょうか。

また、それを象徴したのが、その年に開催された女子サッカーワールドカップでの優勝。スウェーデン、アメリカといった強豪を撃破したのも、なでしこジャパンの精度の高い「組織プレー」があったからこそ。チームとしてどうやって、その問題と向き合い解決すべきか。それは日本人が得意とする能力と言えるはずです。

Photo credit: Saint Louis University Madrid Campus via Flickr (license)

国内でもグローバルな視点が増加中

国際問題は海外で起きていることばかりではありません。昨年起きた大きな変化の一つに、訪日外国人旅行者数の急増があげられます。このことにより、宿泊施設や飲食店、タクシーなど様々な場面でちょっとしたトラブルが発生しています。今まで日本人のためだけに考えられていたサービスや街の環境を、見直す必要が出てきているのです。

それは英語をはじめ、外国語にも対応できるような環境を整備することだけではありません。文化や習慣、宗教など、いろいろな要素を考慮していくことが求められています。その一つ一つを考えて解決していくためには、まず違いに気付かなければ何もはじまりません。

そのためにも、日本に閉じこもっているのではなく、世界に飛び出し、日本との「違い」に気付く力が必要です。私たちの身の回りの生活にも解決すべき国際問題が溢れています! 今すぐ世界に飛び出しましょう!

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける。
Photo by: DIAC images (Harmony DayUploaded by russavia) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP